kotaの雑記帳

日々気になったことの忘備録として記していきます。



2018-03-13から1日間の記事一覧

「ストーリーセラー」(有川浩):作家の幸せと死を優しく描いた小説

断筆あるいは筆を置く、作家にとっての終わりを意味する言葉だ。パソコンや音声入力のある現代においてこれは古い言い回しに思える。本当の作家の終わりは、筆を置くことではなく考えなくなることだ。 有川浩の「ストーリ・セラー」は、読書家の夫と作家の妻…