kotaの雑記帳

日々気になったことの忘備録として記していきます。



映画

映画 未来のミライ:誰に向けた映画なのか分からない

細田守監督の最新作「未来のミライ」を観てきました。 感想は微妙。誰に向けた映画がよく分かりません。子育て映画だとすると、私がターゲットカスタマでは無かったということでしょう。 若い夫婦で3歳くらいの男の子のいる家庭が舞台。男の子の名前はクンち…

忙しい映画トランスフォーマー/リベンジ

TVでトランスフォーマー/リベンジを観た。 忙しい映画。一言でいうとこんな感想。 サイバトロン、デストロン、プライム、米軍の親サイバトロン派、米軍の反サイバトロン派、主人公のサム、サムのガールフレンドのミカエラ、この7つが入り乱れてストーリを展…

映画「リズと青い鳥」:居心地の良い場所と飛べる場所が異なる葛藤を淡々と描いている

童話「リズと青い鳥」をモチーフにして、高校吹奏楽部の女子二人の葛藤と決心を描いた映画。 居心地の良い場所と飛べる場所が異なる。そんな葛藤の中で、童話で孤独な少女リズは大好きな青い鳥を自分の元から解き放つ。 吹奏楽部の孤独な少女みぞれは、卒業…

映画「セブンシスターズ」:人口爆発に苦しむ近未来社会を描いた問題作

kota.hatenablog.com ハワイに行く飛行機の中で映画「セブンシスターズ」を観ました。 人口爆発に苦しむ未来社会が舞台。一人っ子政策が徹底され、二人目以降の子供はコールドスリープを強要される。そんな中で7つ後の姉妹が隠れて生活する物語。彼女らは、…

映画「銀魂」:主演の小栗旬が素晴らしい

kota.hatenablog.com ハワイに行く飛行機の中で映画「銀魂」を観ました。 銀魂はもともと少年ジャンプに掲載の漫画で、アニメにもなっています。もともと緩いストーリですが、映画も緩い緩い作りでした。 その中で主演の小栗旬が上手でした。緩いところ、締…

映画「僕のワンダフルライフ」:犬が転生して飼い主と再会するファンタジー

kota.hatenablog.com ハワイに行く飛行機の中で、映画「ぼくのワンダフルライフ」を観た。 良い映画でした。 主人公イーサンに育てられた犬ビリーは、何回かの転生ののちイーサンと再会する、そんな温かいストーリです。 犬のビリーが転生するのは、犬の寿命…

映画「ワンダーウーマン」:思い切った終わり方にしびれる

kota.hatenablog.com ハワイに行く飛行機の中で「ワンダーウーマン」を観た。 ストーリーは、アマゾネスの島で育った主人公が第一次世界大戦中の人間世界に赴き、争いの神と戦うというもの。 見どころは、主人公を演じるガル・ガドットが奇麗なこと。 超人に…

映画ナミヤ雑貨店の奇蹟、原作も読むともっと面白い

namiya-movie.jp タイムトリックでストーリーが巡環する。 巡環の中心はとある孤児院、巡環の舞台はナミヤ雑貨店、その舞台に上がった役者は孤児院の青年逹。 映画は小説よりもストーリーを端折っているため、分かりづらい部分もある。成海璃子は必要なのか…

チアダンはの見どころはやはり広瀬すず

台湾への飛行機の中で、映画「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」を見た。 cheerdance-movie.jp 広瀬すず演じる女子高生が、なんとなくチアダンス部に入部し、最初はいやいやだったが次第にチアダンスにのめり込んでいく。こ…

映画「美女と野獣」:定番ストーリを最新技術で最高に美しく仕上げている

映画「美女と野獣」を見た(ずいぶん前ですが)。 これまで何度も映画化されている「美女と野獣」ですが、最新作だけあってそのどれよりも映像が美しい。 それに加えて、主演のエマ・ワトソン(ハリーポッターのハーマイオニー役の女の子です)が美しい。 誰…

映画「忍びの国」 嵐の大野くんが好演

映画「忍びの国」を見てきた。 www.shinobinokuni.jp 主役の無門、伊賀の里一番の忍者、の活躍する話。 演じた嵐の大野智君の頑張りが見どころ。飄々とした雰囲気を良く演じている。 無門の妻 お国 が、無門の行動を要所要所で諫める。 演じた石原さとみが、…