kotaの雑記帳

日々気になったことの忘備録として記していきます。



マストドンの可能性とは? 「公共の場」ではなくお子様立ち入り禁止

 マストドンことMastodonが急速に注目を集めている。
ポストTwitter? 急速に流行中「マストドン」とは】(ITメディア)
 
 ここでは、マストドンの今後についてその可能性を論じてみたい。

マストドンとは?

 ユーザから見ればTwitter(SNS)のようなもの。
 ただし、Twitterと違いサイト(サーバーの管理主体、インスタンス)が1つではなくて、複数に分かれている。

 Mastodonは、ドイツに住むEugen Rochkoさん(24)が作ったTwitterライクなSNSTwitterとの大きな違いは、サイトが1つではなく複数に分散していることだ。
 Mastodonを構築するためのソフトがオープンソースで公開されており、誰でも独自のMastodonインスタンス(サーバ)を作ることができ、インスタンス同士は「連邦」としてゆるくつながる。既に多数のインスタンスが立ち上がっており、4月13日時点で500以上もあるようだ。
 Rochkoさんは「Mastodonは分散化したプラットフォームであり、コミュニケーションが単一の企業に独占されるリスクを避けられる」と説明。Twitterの弱点をカバーする“ポストTwitterを意識して制作したようだ。

(上記ITメディア記事、太字は私)
 
 大切な点は2点だ。

 
以後、順に見ていこう。

自分だけのコミュニティサービスを立ち上げ

 LinuxApacheRuby等、オープンソースで公開されているソフトで世界のインターネットサービスはできている。マストドンもオープンソフトでソフトが公開されている。
 これは、(1)誰でもマストドンを動かしたサーバーを立ち上げることができることと、(2)誰でもマストドンのソフトを改変していくことができることを意味する。これにより、誰もが新しいコミュニティサービスを立ち上げることができ、必要があればサービスの機能を追加していくことができる。
 LinuxApacheが出始めた頃を見返して欲しい。腕に覚えのある連中はPCにLinuxをインストールし、Apacheを入れて、自分だけのWebサーバーを立ち上げたものだった。Webコンテンツは、HTMLコードをベタ書きして作成した。そのうちPerlで書いたCGIを使って掲示板を開発する者も出始め、Webサーバーの高機能化が進んだ。
 マストドンも、やる気になれば自分だけのコミュニティサービスを作ることができる。これって楽しいことだと思わないか? 「アーキテクチャの生態系」(濱野 智史著)にあるように、コミュニティの性格は設計できるのだ。常連にとって居心地の良いコミュニティ、あるいは新参者が自由に発言できるコミュニティなど、どう設計するかはあなた次第だ。

検閲からの自由

 上の記事で言う「マストドンTwitterの弱点をカバーしている」とはどういうことだろうか?
 Twitterfacebookでは検閲が行われている。不適切なツイートや表現は削除されることがある。最悪アカウントを凍結されることがあるのだ。Twitter社やfacebook社には、運営ポリシーがあり、そのポリシーに合わないツイートを削除する権利を彼らは持っている。しかし、そのポリシーは何度も変更されており、ユーザーにとっては突然検閲にあったような不快感を受ける。
 一方、マストドンではサイト(サーバーの管理主体)を自分で立ち上げることができるため、自由にポリシーを設定することができるというわけだ(もちろん法律の範囲内での自由だ)。
 
 ネット上にはマストドンこそ検閲されやすいという意見がある。マストドンはサーバーの管理者が法人ではなく個人だから、検閲やり放題という意見だ。しかし検閲を考えるとき、法人 vs 個人という図式で考えるのではなく、なぜ検閲が行われるのかという本質を考えることが大切だ。
 検閲が行われるのは、その場(例えばTwitterという場)が「公共の場」だからである。公共の場でワイセツな画像を見せればとがめられるのは当然だ。人の悪口を言っても叱られるし、フェイクニュースを流せば検閲されるのは当たり前だ。
ソーシャルメディアは公共の場。肝に命じている「100人の前で同じことを言えるか?」という意識】(Webマスターの手帳)
 
 昔のTwitterはコミュニティが小さくて「公共の場」ではなかった。それがユーザが増え、不特定多数が利用するようになり、「公共の場」になってしまった。Twitter社は「公共の場」であることを選んだ。Twitterという「公共の場」を利用するユーザは、ポリシーに反すれば検閲される。
 逆に言えば、「公共の場」ではないならば検閲されないということだ。
 例えばPixivは危ない画像をやりとりしている。
Pixivのマストドン「Pawoo」、立ち上げて一日ちょっとで電子的に国交を断絶される伝説 】(togetter)

マストドンの可能性

 マストドンの可能性は、「公共の場」ではなく同好の士だけの限定コミュニティの立ち上げにある。
 Twitterのグラドル自画撮り部をご存知だろうか?「公共の場」であるから適度な投稿が行われているが、これが仮に限定コミュニティになれば尖ったコミュニティになると思う。
 【公式 グラドル自画撮り部】(Twitter)

 尖ったコミュニティになれば成る程、連邦から国交断絶される可能性は高まる。コミュニティの独立である。独立したコミュニティが複数あれば、それらで連合国を作ることも可能である。例えば、AKB48マストドン限定コミュニティと、SKE48のそれができたとして、これらが連合を組むというのも楽しそうだ。
 コミュニティサービスはユーザー数が多いほど盛り上がる。しかし、ユーザー数を増やしすぎて「公共の場」になってしまっては元も子もない。独自性を失わずにユーザー数を増やすためには、どのコミュニティと組むかは考えどころであり、楽しそうだ。

 また、マストドンを使えば、有料コミュニティサービスでさえ立ち上げることができる。そのコミュニティでやり取りされる情報に価値があり、ユーザー同士にWinWinの関係を構築する場、例えれば一流クラブのような場もあり得よう。
 

まとめ

 マストドンは、Twitter代替のコミュニティサービスのためのソフトである。
 しかし、Twitterのような「公共の場」としてのコミュニティサービスよりも、限定コミュニティサービスのためのプラットフォームとなり得る点にこそ、マストドンの可能性があると私は考える。
 昔LinuxでWebサーバを立ち上げた人と同じく、ただ楽しいからという理由で、今多くの人がマストドンのサイトを立ち上げている。それがそのうち上位レイヤのサービス設計に目が向くときが来るだろう。そうして、尖った限定コミュニティサービスが育ち始める。

おまけ

 マストドンがすごく成功して、そのPaaSがでてくるとどんな世界が開けるか? そんな可能性も考えている。

成功体験は披露され、失敗体験は秘密にされる、そして世界は不安定になる

 成功体験ってみんな好きですよね。
 話す方も、聞く方も、両方これが好き。だから、成功体験って世の中に拡散されてシェアされていく。
 一方、失敗体験って殆どシェアされない。聞く方は失敗体験も好きなのですが、話す方が話したがらない。
 
 「佐賀県の教育情報システム「SEI-NET」と校内LANへの不正アクセス事案についてまとめてみた」(piyolog)
 
 17歳の少年が、佐賀県の教育情報システム(SEI-NET)に不正に侵入して個人情報を持ち出した事件がありました。上は、この事件についてまとめたものです。これによると、少年が不正侵入した手口について、秘せられています。

(SEI-NETを構築した)凸版印刷は取材に対して犯罪を助長することになるとして詳細な原因は明らかにしていない。

(上記エントリより。ただし、カッコは私が付与)
 
「犯罪を助長することになる」から原因は明らかにしない、という理屈はいただけない。やはり、ま、失敗の詳細なんてものは語りたくはないと感じます。
 
 「佐賀不正アクセス . 高校生15人が情報共有か」(毎日新聞
 
 上は、少年がその手口を、他の少年と共有していたと報じています。
 不正アクセスに成功した少年にとっては、これは成功体験。当然、誰かに話したいのです。そして、それを聞きたい人間もいます。そして、成功体験は、世間に拡散し共有されていく。
 
 このようにして、最先端の不正アクセス技術は、成功者とその模倣予備軍の間では拡散し共有されるが、それを防ぐための糧である失敗体験は、不正アクセスを防ぎたい人の間では共有されない。
 
 こう思うと、世の中は不正アクセスの攻撃者に有利なようにできている気分になります。
 困ったものです。同種の構造は他にもありそうな気がします。

Webアプリとモバイルアプリの違い

 HTML5が勧告されたのは昨年。徐々に、HTML5も使われ始めているようだ。しかしながら、前評判ほどにはHTML5が爆発的に普及しているとは思えない。なぜHTML5は思ったほど普及しないのか?
 HTML5の仕様が議論されていた頃は、HTML5を使ったWebアプリケーションがスマホアプリ(モバイルアプリ)を置き換えていくという期待感があった。しかしながら、HTML5スマホアプリを置き換えることはできていないようだ。スマホアプリを置き換えることができないとするならば、HTML5の用途はWeb記事(ドキュメント)の表示用ということになる。Web記事を表示する用途としては、HTML5に特段の魅力は無い。それゆえ、HTML5は躍動感を持って普及することがないのであろう。
 そういった意味で、HTML5の誤算は、スマホアプリを置き換えることができなかったことにありそうだ。
 では、何故HTML5スマホアプリを置き換えることはできないのであろうか? 例えば、Facebook, LINE, Twitter, FlickrなどWebサービススマホアプリで提供している。なぜ、そんなことをするのだろうか? レスポンスの速さなどの理由はあるが、一番大きいのはセキュリティ要件である。Webブラウザでは端末のリソースへのアクセスに対して制限が多すぎるためだ。
 任意のアプリケーションを走らせるOSに近い位置付けのWebブラウザに求められるセキュリティ要件は厳しい。この厳しさが足枷となり、スマホアプリにHTML5は勝てないでいる。
 「なんでもできる(Webブラウザ)は、何にもできない」 そんなことを、思い起こさせる。

Googleのネットワークはスケールアウトだって!?

「10年前からスイッチを自作」、Googleが“公然の秘密”をついに公表」(ITPro)
 この記事は、Open Networking Summit 2015(2015年6月14日〜18日@米カリフォルニア)のGoogle Fellow Amin Vahdtの基調講演の説明です。講演の内容はYoutubeでみることができます。

 ITProの記事で気になったのは、ネットワークをスケールアウトできているかのような記述があることです。

ネットワークも「スケールアウト」

 ネットワークをスケールアウトできるのかな? 私の認識では、ネットワークは端末数の二乗のハードウエアコストが必要です。そのため、ネットワークのスケールアウトはできないと思っています。
 Youtubeで講演を聞いてみると、少数のコアルータを置くのではなく多数のルータに分散している(decentralized)ことを、スケールアウトと呼んでいるようです。本当の意味でスケールアウトと言っているわけではなく、Open Network Summitらしくネットワークコントローラも含めて分散していることをスケールアウトと表現しているのでしょう。

社会、あるいは文化を変えるということ

 私は、一応技術者である。学会なんてものにも一応世話役側として参加している。
 私の目標は、文化を変えること。昔は、紙で手紙をかいていたね、とか、昔は、キーボードを叩いていたねとか、新しい文化を作ることを夢見ている。
 学会などの新しい技術を見て、残念に思えるのは、新しいのだけど、すごくない研究に出会ったとき。例えば、国プロの成果が、地方創生だったりすると、脱力する。えー、地方を元気にではなくて、地球を元気にっていうレベルで大きく考えられないのだろうか、、って気分になる。
 具体的には、ICT技術・研究って日本においては、全然ダメ。アメリカの後追いをしている。全く、文化を変える気がしない。
 SDN, OpenFlow, クラウド, DTN, 機械学習, ビッグデータ解析,, この辺りは日本が頑張らなくてもアメリカ発の技術で世界が変わっていく気がする。
 高校生が大学の学科を選ぶにあたり、文化を変える余地がどの辺になるか、考えるのは大切なんじゃないかと思う。

ビッグデータ分析、陳腐化のはじまり

「手軽にビッグデータ 分析ソフト・サービス普及」(日経新聞@ 2014/7/29)

インターネットやスマートフォンスマホ)の普及で日々増え続ける膨大なデータ「ビッグデータ」。これを収集・分析し、消費者のニーズを掘り起こしたり、行動パターンを予測したりする動きが広がっている。「IT(情報技術)に詳しくないし分析なんて難しそう」と身構えることはない。低価格で効果的な「道具」がそろってきている。手軽にビッグデータ分析に取り組んでいる事例を追ってみた。

 


 


 ビッグデータ処理のデータ分析もツール化が進んでますね。
 一般には、ツール化されるとユーザが加速度的に増えます。すると、似たようなツールが出現する一方でツール間で競争が発生し、淘汰が起こります。普通ここは数の経済が効くので、大手が太ってプラットフォームとなります。

 分析ツールがプラットフォームとなったときには、SaaS業者が分析ツール屋と組んで、カスタマにソフトウエアサービス+解析サービスを抱き合わせと進みそう。あるいは、SIerが、SaaS業者と分析ツール屋のOEMで、カスタマに出すというのもありだけど。

 ここでも、数の経済が効く。
 昔、パナソニック半導体屋さんが、半導体は投資規模にビビったら負け、と言っていたけど。ビッグデータもおんなじになるのかもね。

http://www.pa-consul.co.jp/

ビッグデータと、因果関係と相関関係

ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える」は言う。

ビッグデータの時代には、暮らし方から世界との付き合い方まで問われることになる。特に顕著なのは、相関関係が単純になる結果、社会が因果関係を求めなくなる点だ。「結論」さえわかれば、「理由」はいらないのである。

因果関係から相関関係へ」とも言われる。

 これは、素敵な言い方だけど、統計を勉強した人は「?」と思うに違いない。相関関係と因果関係という言葉の意味が少し違って使われているからだ。
 相関関係とは、二つの変数があったときに片方が増えればもう一方も増えるという関係があることである。例えば、オーストラリアは夏に山火事が多く発生するが、同時にアイスクリームの売り上げも増える。つまり、山火事の発生件数とアイスクリームの消費量との間には相関関係がある、といえる。
 一方、因果関係とは、二つの変数があるときに、片方の変数の値が、もう一方の変数の値に影響を与える関係があることである。例えば、オーストラリアは夏になると気温が上がり山火事が増える。気温と山火事の件数との間には因果関係がある。
 こう考えると、相関関係が分かっても「結論」にたどり着けないことが分かる。「結論」が分かるためには因果関係が分かることが必要である。上記の本が言っているのは、因果関係のある変数の背後にある明確なメカニズム(「理由」)が分からなくても、因果関係(「結論」)を確認できれば良い、ということだろう。 それを「因果関係から相関関係へ」と表現するのは、言い過ぎだと思う。