kotaの雑記帳

日々気になったことの忘備録として記していきます。



サッカーワルドカップロシア大会:PK戦が多かったのは守備のせい

 サッカーワールドカップロシア大会が終わって10日経ちました。日本はベスト8入りを逃してベスト16。優勝はフランスでした。

f:id:kota2009:20180727072901j:plain

By Kremlin.ru, CC 表示 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=70886381

 

 今回のロシア大会はPK戦が多かった印象がありますよね。例えばベスト8入りをかけた決勝トーナメント一回戦では8試合中3試合がPK戦でした。

 

 読売新聞によると、今大会は守備的な作戦をとるチームが多かったようです。

ドリブラー受難…ワールドカップで見た「サッカーのバスケ化」(読売新聞(ヨミウリオンライン)) - Yahoo!ニュース

 ロシア大会では、守る時には徹底的に自陣にひいて、ゴール前の守備を厚くする戦い方を選んだチームが目立った。

(中略)

 例えばグループリーグで、スペインに0―1で惜敗したイラン。最終ラインに5人、時には6人が入り、相手ボールの際には全員が自陣まで戻って、「ティキタカ」と呼ばれるスペインの華麗なパス回しを寸断しようとした。その結果、中盤でのボールの奪い合いは減り、ピッチ全体を3分割してみると、イラン側の3分の1のスペースに、スペインのGKを除いた21人の選手が入ってしまうような極端な場面が出現した。

 

このように徹底的に守備を固めた結果、実力差ほど得失点の差が出なかった。PK戦も増えるわけですね。

 

ネットのつながりは理解ではなく取引が根底にあるのかも

 昨日のクローズアップ現代プラスは、「つながり孤独」がテーマでした。

 「孤独」は昔からあるテーマですが、ネットやSNSのつながりが「孤独」をやわらげるのではなく強めるという点が語られており、面白い。

www.nhk.or.jp

 

 番組では、サクラさん(仮名)がTwitterのフォロワーが三千人いても孤独を感じるという話があった。「誰も私を理解してくれない」。サクラさんの孤独を訴える言葉だ。

 一般人が、三千人のフォロワーを獲得する努力ってどんなものなのだろうか?休みなくTwiiterを巡回してつぶやきの多いアカウントをフォローしてコメントを残して、フォローバックされるようにする。途方もない努力がそこにあるでしょう。

 そのモチベーションが「私を理解して欲しい」だとすると、それはセツナイ。

 

 フォローバックは、相互理解ではなく取引です。フォロワー数は戦闘力と言われたことが以前ありました。フォロワー数の多さがSNS上での発言力を決めるからです。発言力には2種類あり、一つはつぶやきがどれだけ多くの人に届くかという到達する力、もう一つはつぶやきを見た人がどれだけそれを信じるかという信じさせる力。人はネット上の発言を見たとき、そのフォロワーの数や「いいね」の数で信ぴょう性を測ります。

 フォローバックしてくれた相手は、あなたを理解したいと思っているわけではなく、フォローしてくれたお礼にフォローバックという対価を支払ったのです。フォローバックする相手はあなたである必要はありません。誰でも良いのです。

 

 とあるエッセイで、お金を持つことは絶望を知ることだという趣旨のものがありました。

 ウィンドショッピングをしているとワクワクしませんか?新しい洋服やアクセサリ、化粧品、流行りの色の靴、雑貨、そういったものを手に入れた自分を想像するとワンランク自分が上がる気分になりますよね。お金を持つと、洋服やアクセサリをある程度自由に買うことができて、高価なものを身につけても想像したようには自分がイケていないことを知る。色んな洋服を試すほど、自分は一向に上がっていかないことを証明してしまう。そうして物を買うたびに絶望を知っていく、という内容です。

 

 その服や鞄が好きだからではなく、自分が素敵になるだろうからそれを手に入れるというのは、見返りを求めている時点で取引です。これと同じようにフォロワーの獲得も取引になると絶望を知るのでしょう。フォロワーを増やしても自分は満たされないことを知っていく。

 

 だからネットのつながりを求めてはいけないというつもりはありません。

 ネットのつながりはリアルでないため、三つの点で注意が必要です。

 一つ目は、良い所の上澄みだけをすくった情報交換になりやすいことです。匿名性があり、情報のフィルタリングの容易なネットでは、だれもが自分の都合の良い情報だけを発信できます。毎日コンビニ弁当を食べていても、月に何度かお洒落なレストランで食事をしその料理の写真をアップすればグルメなあなたが出来上がります。誰かと一緒に雑談したとき、その相手を「親友」と書いてネットでつぶやけば、友達に囲まれているあなたが出来上がります。こうして良い所の上澄みをすくうことで、ネットのあなたはリアルのあなたからどんどん離れていき、相手も本当の相手から離れていきます。

 二つ目は、「いいね」の数によってあなたが評価されることです。リアルだと、あなたの話に対して「良い」・「悪い」・「どちらでもない」の3択で相手は反応します。「悪い」っていう反応をされなければまぁ良しというのがリアルでの基準でしょう。一方ネットでは、「良い」以外の反応は返ってきません。これってキツイです。相手の反応のレベルが上がりますから。

 三つ目は、「良いね」の数を競う相手が全国レベルなことです。リアルだと、あなたが比べる相手は10人程度だと思います。それがネットでは桁違いに比べる相手が増えます。100の「良いね」をもらっている人を見ると、3の「良いね」しかもらえないとへこみますよね。

 

 ネットのつながりと孤独を考えていると、孤独の解消にはネットは向かないのだと感じます。

 フォロワーを増やすのは取引になりがちだし、良い所をすくった会話はリアルなあなたから離れていきがち、そして「良いね」の数で自分が評価されている気分になりがちだから。

 

 最後に「”ありのまま”の自分に気づく」(小池龍之介)から引用します。他人に理解されることを期待しそれが満たされないとき孤独感を感じる、という話が載っています。

 私たちは一人でいるときに、寂しい、孤独であると感じるのかと考えてみますと、現実的にはむしろ一人でいる時よりも、誰かとつながろうとする、ないしは誰かとコミュニケーションしようとするときに、強い孤立感が生じるように思われます。

(中略)

誰かとつながることを何らかの形で期待したとき、その期待値が満たされないときに孤立感がより強まるということは、なんとなく体験上、皆さんも知っていることではないでしょうか。

  

 

タイ洞窟の少年救出に見る、ボランティアの選択肢の広さ

  タイで洞窟に閉じ込められた少年たち13名が無事救出されました。NHKのTV番組クローズアップ現代プラスなどでこのニュースを見ていて、タイのボランティアの成熟度が高い事に感心します。

www.bbc.com

 

  日本でも西日本豪雨で多くのボランティアが現地に駆けつけています。困っている人のために何かしたいと思う気持ちには頭が下がります。

mainichi.jp

 

  ただ、日本のボランティアって、被災者などの困っている人を直接助けようとする場合が大多数なのだと思う。被災者の家の後片付けを手伝いに行ったりするような。ビジネスモデルで言うと、BtoCが多い。

  一方でタイのボランティアは、少年達を救出する対策本部の人達に食事を振る舞ったり、救出隊員のためのテントを用意したりしています。ビジネスモデルで言うと、BtoBtoC。

  BtoBtoCがBtoCより偉いと言うつもりはありません。また、今回のタイは少年達を救うために高度な技術が必要でボランティアの出る幕がないため、BtoCできなかったという面もあるでしょう。ただ、BtoCが出来ないときにBtoBtoCをするという点にタイのボランティアの成熟度を感じます。

  仮に、日本で少年達が洞窟に閉じ込められて政府の対策本部が救出を図っていたとしたらどうでしょうか? 日本人は、TVやネットで救出の情報を興味深く集めると思いますが、対策本部のために何かボランティアをしようとは思わないのではと想像します。BtoBtoCの活動をする土壌がボランティアにも政府にもまだ無いと思います。

 

  タイの洞窟から少年達を救出のニュースを見て、タイのボランティアって凄いなぁっと思った次第です。

ガラパゴス日本の女性専用車両

  日本の狭い考え方を揶揄して「ガラパゴス」と評されるものがあります。

  単一民族であるが故の島国根性や、英語が読めない語学力に故の情報格差から、日本の制度や考え方がこの世の全てと信じる心理があるためです。簡単に言えば、日本人の多くは視野が狭い、という事でしょう。

 

  今朝、NHKのTV番組「おはよう日本」を見ていると、電車の女性専用車両の話題が取り上げられていました。要旨は3つ。

  • 痴漢は日本だけの犯罪ではなく、世界の都市で一般に見られる犯罪である
  • 女性専用車両の導入に対して、イギリスでは女性が反対している
  • 日本の痴漢犯罪の件数は、女性専用車両を導入後も横ばい

 

  痴漢犯罪を防ぐという目的に対してその手段を考えた場合、「女性専用車両」という手段は不適切だとイギリス人女性は考えている点が興味深い。反対メッセージとして“セクハラを防ぐために、オフィスを男女で分けるのか?”と、よく思考するよう促すメッセージも番組で紹介されていた

www.bbc.com

 

  先日、日本で女性専用車両をに男性が確信犯的に乗り込み(女性専用車両は男性が乗ることは認められている、ちょうど優先席が善意によりお年寄りに席を譲るのと同じ。)、車内の女性が暴れて電車を止めた事件があった。このときネットでは女性専用車両の是非について議論があった。

matomame.jp

 そこで取り上げられなかった点として、「女性専用車両」という手段の欠点を次のように思っています。

 

車内で暴れた女性は「女性専用車両」という既得権益を拡げたかったのではと、邪推しています。

 

  痴漢犯罪を防ぐ手段として、車内に防犯カメラの設置が始まっています。これも監視されている気持ち悪さがあり、手段として上等だとは思いません。しかし、「女性専用車両」と「防犯カメラ」のどちらの手段が良いか?考えるきっかけになる点は良いことだと思います。 

分かりやすいニュースの裏側:労働生産性は高い方が良いのか?

 日本の労働生産性が低いニュースを立て続けに二つ見ました。一つは全然ダメ。もう一つはおぉなるほどと唸るものでした。あまりに対照的だったので、比較しておきます。

 

予備知識

 回りくどいですが、まず予備知識を簡単に整理しておきます。

 

統計の海外比較ってどうなのよ

 統計の常識ですが、日本と海外を比べるのはリスキーです。

 日本と海外では文化・社会構造など前提になるものが異なるため、統計値を容易に比較することはできません。例えば、サウジアラビアのような石油埋蔵量に恵まれた国と日本と労働生産性を比べても意味はありません。石油資源に恵まれた国の方が高い労働生産性になるに決まっています。

 

労働生産性って高い方がいいの?

 「労働生産性」という言葉の響きのせいか、これは高い方が良いと思われがちです。果たして本当にそうでしょうか?そもそも労働生産性とは次のように計算します。

  労働生産性 = \frac{生み出した付加価値}{従業員の数}=\frac{売上高- 変動費}{従業員の数}

 

 上の式から、簡単には従業員の数を減らすと労働生産性は上がります。つまり、失業率を上げれば労働生産性は上がります。僕たちはそんな社会を望んでいるのでしょうか?

 

労働生産性のダメなニュース

さて、労働生産性に関するダメなニュースを見ていきましょう。

www3.nhk.or.jp

 

 上のNHKニュースでは、アメリカと日本を比較しているという点でダメだなぁっという感じなのですが、さらにその解説として以下の様に書いてあります。

高品質なサービスが安い価格で提供されていることなどが理由だということです。

このような解説をするのは、「低品質なサービスが高い価格で提供される」ように日本がなれば良いと言っているようなものです。労働生産性は高い方が良いというステレオタイプな思い込みがNHKにあるように思います。

 

  

 

労働生産性の良いニュース

 一方、良いニュースだと思ったのは、日経新聞のもので、2018年4月8日の朝刊「生産性高まらぬ雇用増 低賃金のサービス業へ集中/成長分野へシフト進まず」です。

 日本では、製造業・建設業の労働生産性が高く、サービス業の労働生産性が低い。その状況で、就業者の数は製造業・建設業が減り、サービス業は増えている。この状況に警鐘を鳴らすものです。

その製造業は12~16年に就業者が28万人減った。就業者全体でみると、いま起こっているのは製造業、建設業からサービス業への労働力のシフトだ。ただ労働移動先の業種のほうが生産性が低く、しかも下がり続けている点が高度成長期の労働移動とは異なる。 

f:id:kota2009:20180409205616j:plain

労働生産性の高い産業の就業者が減り、労働生産性の低い産業の就業者が増えている

 

 この記事を読むと、以下のことを推測できます。

  • 労働生産性の高い産業では従業員を必要としていない。つまり、業務の効率化が進んでいる。
  • 労働生産性の低い産業、特に介護の分野で、働く人を必要としている。

 

 こうやって具体的にデータを見せられると、NHKのニュースの「高品質なサービスが安い価格で提供されている」という解説にも疑問が生じます。

  • 「高品質なサービスが安い価格で提供されている」のは具体的にはどの会社のことだろうか?(介護サービスじゃないよね、、)
  • その会社は、日本全体の統計に影響するほど大人数の従業員を抱えているのだろうか?
  • サービス業の効率を上げて就業者を減らしたとして、その分の就業者はどこにいくのか?

 

このように考えると、日本は労働生産性が低いというニュースは一見分かりやすいが、その裏には難しい本質があるように感じます。

 

「困惑も」というヘッドラインに困惑する、ヘッドラインと記事タイトルは全く別

 Yahooニュースのヘッドライン(見出し)を見ていると、「大坂なおみの英語会見 困惑も」というものがあった。リンクを辿っていくと、どこにも「困惑」が無い。リンク先記事のタイトルは大坂なおみ」会見に戸惑う記者 応答がすべて英語に』。

headlines.yahoo.co.jp

 

 マイクロソフトのブラウザEdgeのマイフィードのヘッドラインにも「困惑」をよく見かける。注意してみると、「困惑」以外にも、「驚き」「やっぱり」「暴露」など記事にない言葉がヘッドラインには使われています。

 

 もっと言えば、ヘッドラインと記事タイトルは全然違うのですね。例えば

 

ニュースヘッドラインと記事タイトルは全く別なのですね

ロートアルガードで花粉の季節を乗り切る

 花粉の季節が始まった。目がかゆい。

 昨年は目がかゆくなったのは3月下旬だから、今年は一か月早い。

 幸い花粉症は軽い方なので、市販薬でしのいでいける。今日は目薬としてロートアルガードを買った。花粉症に聞くタイプの目薬は二千円近くするものが多い中で、これは五百円を切る安さ。ありがとう、ロートさん。