kotaの雑記帳

日々気になったことの忘備録として記していきます。



色々なコミュ力があるんだよ

 「コミュ力」とはコミュニケーション能力のこと。コミュ力の高い人種の代表と言えば、女子高生だと思う。
コミュ力の鍛え方!充実した人間関係を生み出す6つのテクニック」(Dreamer)のテクニックを大体マスターしてそうだからね。

・相手の話をよく聞く
・共感する
・ありがとうを言う
・褒める
・積極的に人と関わる
・楽しませる努力をする

 実は、コミュ力というのは2種類ある。受け取る力と、伝える力の二つ。ネットで「コミュ力」を検索すると、受け取る力のことばかりでてくる。伝える力も大切なのに、ほとんど話題に上がらない。
 特に、社会人になると、伝える力が大切になる。お客様に提案を伝えたり、上司に意見を言ったり、する機会が多いし、大事だから。アイデアを出せとか言われることがある。平凡なアイデアだとつまらないと言われる。たくさん考えて、練ったアイデアを出すことを求められる。そうして作り上げた自分独自のアイデアを、他人に伝えるのは実は難しい。そのアイデアがユニークであればあるほど、伝わりにくいものだ。
 女子で伝える力の弱い人が多い気がする。女子の集団で過ごしていると、伝える力が育たないんじゃないかと思う。だって、周りは受け取る力が強い他人ばかりだから。伝え方が拙くても、周りは「分かる、分かる」と言ってくれる。伝える力なんて鍛えられる筈がない。
 友人と話すのは得意だけど、知らない人と話すのは苦手という人は、受け取る力ではなく、伝える力が弱いのかもしれない。
 受け取る力と伝える力の両方が揃ってコミュ力が有るのだと思う。今は、受け取る力に偏りすぎてはいないかなぁ。