kotaの雑記帳

日々気になったことの忘備録として記していきます。



映画「バッドジーニアス」が最高に面白い

 映画「バッドジーニアス」が最高に面白かった。

maxam.jp

 

 日本では一部の映画館でしか上映されていないが、観客の評判は高い。上映スクリーン数の少なさは、タイ映画という知名度の低さのせいかそれとも広告費が少ないせいかは不明だが、それと映画の内容は無関係。のんが声優をつとめた「この世界の片隅に」もそうだった、上映スクリーン数は少ないが映画の質は高かった。

 

 「バッドジーニアス」のストーリーは、成績優秀な高校生リンが定期試験のカンニングビジネスを同級生に向けて始める。次第に彼女のカンニングビジネスはエスカレートし、全米大学受験用の共通テストSITC(架空の試験)を舞台に200万バーツ(約700万円)の荒稼ぎを狙うようになる。

 

 この映画の見所は、主人公リンの心の揺れの描写だ。リンの父親は真面目で地味な教師、裕福ではないがリンと父親は仲良く生活している。リンは父親の性格を受け継ぎ真面目で地味。そんなリンがカンニングビジネスを始めたのは、高校の校長も賄賂を受け取っていることを知ったのがきっかけ。裕福でない自分たちは真面目なだけでは報われないとカンニングビジネスを始める。

 リンの心は、金を持っているやつらは不正をしており自分も不正をしないと貧困から抜け出せないという社会に対する復讐心と、自分が悪いことをしているという父親への後ろめたさとの間で揺れる。

 映画冒頭のシーンでダサい主人公がストーリーの進行とともに綺麗になっていくのは映画のお約束で、この映画でもダサいリンがどんどん綺麗にかっこよくなっていくが、ハリウッド映画のように綺麗になり過ぎない。これもこの映画のよいところだ(主人公リンを演じたChutimon Chuengcharoensukyingはモデルなのでその気になれば非常に綺麗なのだが)。あくまで真面目で地味に育った女の子として描かれている。

 

 この映画の演出で特徴的なのは、カンニングビジネスがばれて取調べを受けるシーンが冒頭から何度も挿入されていることだ。これにより観客はカンニングがばれることを予想するわけだが、途中でこれを否定するシーンが入る。リンは、最後の大きなカンニングビジネスを実行する前に、万が一カンニングがばれた場合に備え、取り調べの受け答えの練習を仲間にさせる。映画冒頭からの取調べシーンはこの練習だった、リンのカンニングビジネスはばれなかったのだと、観客は思うことになる。しかし映画のラストで、リンが取調べを受けるシーンが描かれ、仲間たちも取調べを受けるであろうことが示唆される。こうして、冒頭から挿入される取調べシーンは練習なのか本物なのか再び観客は迷うことになる(映画ラストの取調べシーンだけが明るい白いトーンで描かれていることも謎だ)。

 

 

 この映画のストーリーはとても面白いが、3つほど分かりづらい点がある。

 一つ目は、転校のためにリンと校長が話をするシーンで、リンは学費・食費・交通費を学校が支給することを校長に認めさせる。このシーンによってリンの家が裕福ではないこと、リンが仮定の経済状態を気にしていることを描いているわけだが、強引過ぎる気がする。

 二つ目は、リンは学内試験でのカンニングが学校にバレて罰をうける。罰に懲りたはずのリンが、再度カンニングビジネスに挑む理由が、十分に描かれていない。もう少し丁寧に描いて欲しい。

 三つ目は、カンニングの手法が稚拙なこと。リンは右手の指の動きで周囲にテストの答えを伝える。このやり方ではリンの席の後ろにしか答えは伝わらない。しかし映画の設定では20名以上にカンニングさせており、無理がある。

 もう一度観ると、これらの点も分かるのかもしれない。 

 

 さて、この映画はタイ映画である。この映画を見ていると、タイの社会も格差社会なのかと感じる。富めるものがいっそう富み、貧しいものは努力しても報われない。成績優秀であっても貧しいリンが報われるには不正を行うしかない。タイ社会に対する揶揄がこの映画にはこめられているのかもしれない。

そもそも犯罪者が主人公の映画が成立するのは、悪者から盗む場合だけだ。ずるい主人公に観客は共感しない。リンはずるい犯罪者として描かれているにもかかわらず、リンに共感できるのは彼女が真面目で誠実な性根をの少女として描かれているためである。

 

まとめ

 タイ映画の「バッドジーニアス」が最高に面白い。主人公リンの心の揺れに注目してみて欲しい。

 

 
 
 
View this post on Instagram

How was fun we work together @angela.yuen #Macao #letempschanel

Chutimon Chuengcharoensukyingさん(@aokbab)がシェアした投稿 -

浦和のイタリアンレストラン プリマベラで秋のランチ

 イタリアンレストランの名店がさいたま市浦和にあります。プリマベラがそれ。

 

 一か月ぶりにプリマベラでランチを食べました。この店は季節ごとに旬の素材で料理を出してくれるので、今回は何が出てくるか楽しみです。

 

f:id:kota2009:20181110114439j:plain

 まずはシャンパンと前菜

 シャンパンが辛いだけでなく甘いだけでない厚みのある味で美味しい。

 

f:id:kota2009:20181110120308j:plain

 二品目は生ガキ。上に載った野菜の千切りは柑橘系の酸味で、生ガキ自身はバルサミコ酢で味を付けています。2種類の酸味が味に膨らみを出して美味しい。下のヒラメの器にはバルサミコ酢が入っていて、パンをつけて食べました。それだけですごく美味しい。特別美味しいバルサミコ酢です。

 

f:id:kota2009:20181110122233j:plain

 2杯目は白ワイン。ソーヴィニョン・ブラン。これも味がしっかりしていて美味しい。写真でも分かるように黄色みが強く、ステンレス樽じゃなくて木の樽で熟成させたことが分かります。

 

f:id:kota2009:20181110122327j:plain

 3品目はマッシュルームのスープ。これがまた滅茶苦茶美味しい。上に載っている黄色いのは米粉(だったと思う)の麺を揚げたもの。スープを飲むときこの麺がパリパリして触感が変わって美味しい。

 

f:id:kota2009:20181110124522j:plain

 紫ウニのパスタ。これがまた美味しい。パスタ麺は卵の白身を使った水分の多い平麺。四角く切ったカブが入っていますが、2種類のカブが入っています。歯ごたえのしっかりしたカブと柔らかいカブ。これも触感が変わって美味しい。

 

 

f:id:kota2009:20181110130655j:plain

 最後の品はデザート。写真上部のキーウィには柿を刻んだものが乗っています。いままでキーウィに柿を合わせようと私は考えたこともありませんが、食べるとすごく美味しい。キーウィの酸味に柿の甘みって合うんですね。

 

 今回も美味しかった。満足。

お宝を探せ、東京蚤の市

 東京蚤の市に行ってきました。

 蚤の市とは、古物市のことで多数の出店者が店を出すマーケットです。東京蚤の市は私が見に行った中では一番大きな蚤の市。場所は京王多摩川駅から徒歩ゼロ分、東京オーヴァル京王閣が会場です。

 

 会場には路上パフォーマーがいて子供たちも興味津々です。

f:id:kota2009:20181110150234j:plain

オルガンを弾くパフォーマー

 

f:id:kota2009:20181110170536j:plain

パントマイムを見せるパフォーマー

 

  東京蚤の市に行くときの注意点は3つ。

  1. 入場料500円が必要です。お金を持ってきましょう。
  2. 混んでいます。人に負けないようにお宝を探しましょう。
  3. みんなお洒落して来ます。気合の入ったファッションで行きましょ。

 

 一番目は良いとして、2番目の混み方ですがかなり混んでいます。

 蚤の市は、お宝からガラクタまで様々なものが売られていますので、みんなお買い得を狙って真剣です。あなたも、負けないように良いものを探しましょ。

f:id:kota2009:20181110161941j:plain

多くの買い物客で、場内は混んでいます


 場内には雑貨や食器はもちろん何に使うのか迷うようなものまで色んなものが売られています。

 

f:id:kota2009:20181110153603j:plain

食器類は当然売られている

 

f:id:kota2009:20181110150342j:plain

カメラの置物

 

f:id:kota2009:20181110170012j:plain

帽子や衣類も売っています

 

f:id:kota2009:20181110165451j:plain

インテリア

 

f:id:kota2009:20181110150456j:plain

骨。うまく使えばセンスありそう

 

f:id:kota2009:20181110153925j:plain

不気味な人形

 

f:id:kota2009:20181110165707j:plain

アルマイトのお弁当箱

 

 こういったものを上手に部屋に飾る人は、センスのある人なのでしょうね。これと関係あるのか、来場者はみんなしっかりお洒落しています。

f:id:kota2009:20181110155001j:plain

帽子がカッコいい



まとめ

 東京蚤の市に行きました。大規模でお店も人もいっぱいです。食器や雑貨だけでなく怖いものなど様々なものが売っています。みんなお洒落していてさすが東京と言う感じです。

 私は古本を買いました。

 

f:id:kota2009:20181110151913j:plain

猫も買い物に来ています



非正規公務員対策を考えてみた

 

news.yahoo.co.jp

 

 地方の役所でも非正規労働者が多く働いておりその人たちが貧困に喘いでている、という問題定義をした記事だ。

また、自治労全日本自治団体労働組合)の調査では、非正規公務員の割合は「都道府県」より「市町村」のほうが高い。「町村」に限れば、その比率は37%にも達する。財政難の自治体では「2人に1人が非正規」というところもある。職種別では、学童指導員や消費生活相談員の9割、図書館職員や保育士などの6割などとなっており、市民と直接接する機会が多く、専門的なキャリアが求められる部署で増加が目立つ。賃金は「月給16万〜18万円未満」が3割と最も割合が高く、多くがフルタイムに近い働き方をしながら年収200万円程度を下回るとみられる。

 

 これを解決する方法にはどんなものがあるのだろう?

  1. 非正規公務員を正規公務員にする。この場合、役所の人件費が増えるため、税金を上げる必要がある。
  2. 正規公務員の給料を減らし、その分を非正規公務員の給料に充てる。この場合、正規公務員の生活が脅かされ、彼らのモチベーションが下がる。
  3. 非正規公務員なしで役所の仕事が回るよう正規公務員の生産性を高める。しかし、この場合非正規公務員は職を失うことになり、彼らの貧困を解決したことにならない。

選択肢としてはこの3つくらいだろう。どれもうまくいく気がしない。

 

 

 

 

 

東京有楽町 国際フォーラムのネオ屋台村

 東京有楽町の国際フォーラムのお昼時にはキッチンカーが並ぶ。ネオ屋台村というのが正式名称のよう。機会があってお昼ご飯をここで食べた。

 お昼時を少し過ぎた午後1時30分ごろ、お客さんの列もほとんどなくなった中で一店だけ注文の列が途切れないところがあった。厚切りカットポークステーキのお店がそれ。私もそこに並んで注文した。

 普通に頼むと700円のところ肉を倍にして1000円。ソースは、オニオンジンジャーとおろしポン酢の2種類をハーフ&ハーフで。

 美味しかった。今の季節、外でランチパックを食べるのは気持ちがいい、その上、肉が上手い。幸せな気分になった。

 

f:id:kota2009:20181101133342j:plain

f:id:kota2009:20181101132250j:plain

焼き鳥の名店 とり喜 錦糸町

 焼き鳥の名店が錦糸町にある。焼き鳥「とり喜」だ。

 滅多に予約が取れないお店であるが、偶然予約がとれたので平日の夜に食べに行った。

f:id:kota2009:20181031192324j:plain

「とり喜」の店構え

 

 お店に入ると、平日の夜7時だというのに店はもう満席。

 予約していた席について飲み物のメニューを開くと、見たことのない銘柄の日本酒・焼酎が並ぶ、またワインもメニューに載っている。ワインに焼き鳥って合うのだろうか?と思いながら隣の人を見るとワインをボトルで飲んでいた。それに勇気づけられた赤ワインを頼むことにした。

 予約を入れる時におまかせコースを頼んでおいた。その際、2時間くらいお食事にかかりますよということだった。なぜ焼き鳥で2時間かかるのかその時は不明だったが、お店に行って分かったのはゆっくり串が出てくる、それが全然苦にならない。一本一本、美味しいなぁと思いながら食べていると、あっという間に二時間経ってしまった。

 確かに名店である。

 

f:id:kota2009:20181031192453j:plain

飲み物のメニュー

 

 

f:id:kota2009:20181031193725j:plain

最初の串、肉が柔らかく味が濃い

f:id:kota2009:20181031194856j:plain

串を出すたびに皿を新しくしてくれる

f:id:kota2009:20181031204308j:plain

コースの終わり頃には良い感じに酔っている



卓球Tリーグは飛躍できるか、ガンバレ日本からの卒業

 今週、卓球のプロリーグであるTリーグが始まりました。テレビ東京で女子の開幕戦が放送されました。これを見ていて、アナウンサーが気になってしょうがない。

 

 サッカーJリーグプロ野球でもそうだが、Tリーグのチームに外国人選手がいる。卓球では、シングルス戦がありそこでは日本人選手対外国人選手の対戦する場合がある。こういうとき、アナウンサーが日本人選手を応援しすぎるのが未熟に思える。世界卓球選手権のように国別対抗戦ではないのだから、「日本頑張れ」ではないでしょう。

 

 大体TV画面のメッセージラインには、「18歳みう&ひな vs    世界選抜軍団」がずっと表示されている。プロレスでいう悪役の立ち位置に外国員選手を置いている。

 

 プロリーグのチームが外国人選手を雇う理由は、レベルの高い試合を実現しエンターテインメントとして成功するためだ。そこに「ガンバレ日本」を持ち込むとシラケてしまう。ナショナリズムを持ち込まないと観戦に値しない試合だと言っているのと同じだから。

 

 イチローが日本人だからって、アメリカ大リーグで悪役扱いされると嫌でしょう?