kotaの雑記帳

日々気になったことの忘備録として記していきます。



ブロックチェインのPoWはノロマ、コンソーシアム型分散台帳はつまらない

 仮想通貨Bitcoinを支えるブロックチェイン(Block Chain)技術に大いに期待している。ブロックチェイン技術を使えば、知らない者同士が集まって信頼のおけるデータベースを実現できる。これは凄い。

 データベースの用途は広い。様々なアプリケーションが考えられる。仮想通貨の取引を記録したり、メールやTwitterのメッセージを記録したり、ICTアプリケーションのほとんどが記録なしには成り立たない。IOT(Internet of Things)でも様々なセンサーデータが記録される。

 君は、見ず知らずの人間を信用できるだろうか?

 普通は信用できない。そんな信用できないものを寄せ集めて信頼のできるデータベースができるなんて、不思議なことだ。

 仕組みはこうだ。学校の教室を思い浮かべて欲しい。生徒がたくさんいて、みんなが黒板の文字をノートに写している。ノートに写し終えたら、腕立て100回を行い、100回できたら「ハーイ出来ました」と手を上げる。一番にできた人はお小遣いを先生からもらえる。こうやって黒板に書かれた文字が、生徒のノートに記録されていく。

 ブロックチェインではこの腕立て100回をPoW(Proof of Work)と呼ぶ。これが何の意味があるかって? 腕立て100回っていう面倒臭いことをやらされるので、やる気のない生徒、興味本位でいたずらしてやろうって思っている生徒を遠ざけているんだ。

 腕立て100回が一番最初にできた生徒にはお小遣いをあげるので、やる気のある生徒は頑張ってノートに記録を写す作業をする。

 こんな風にブロックチェインは、見知らぬ者同士が集まって信頼のできるデータベースを作っている。技術というよりも、人間的な面倒臭さとお金に対する欲で実現されているんだ。

 技術っぽい説明が好きな人は、ネットにたくさんあるので検索して欲しい。例も貼っておく。でも、実態は人間臭い仕掛けが根底にあることは覚えておいて欲しい。

businessblockchain.org

 

 こんなPoWの欠点は、ずばり処理が遅いこと。いちいち腕立て100回をやっているので、遅いんだ。残念なことに、これを圧倒的に速くする方法は見つかっていない。

 しょうがないので、「見知らぬ者同士が集まって」という部分を妥協しようと考えたのがコンソーシアム型と呼ばれるやつだ。つまり仲良し同士が集まって信頼できるデータベースを作る、っていう作戦。Ethereum(イーサリアム)の使っているHyperledgerという技術が、これを使っている。

 処理速度は速いんだけど、なんだかつまらない技術だと思うんだ。だって、GoogleAmazon, facebookの使っている分散サーバと同じに見えるから。だったら別に新しいアプリケーションを分散台帳で作らなくてもいいんじゃないか? Hadoopみたいな昔の技術でいいんじゃないか?

 知らない者同士が集まって信頼のおけるデータベースを実現できて、処理が高速な技術が欲しい。これがあれば新しいアプリケーションのプラットフォームとして世界をワクワクさせるはずだ。

 

まとめ

 Bitocoinが使うブロックチェインは、知らない者同士が集まって信頼のおけるデータベースを作ることが素晴らしい。でも、処理速度が遅いので、みんなあきらめ始めているように思う。

 もし、処理が高速で、知らない者同士が集まって信頼のできるデータベースを作れれば、ワクワクするようなアプリケーションで世界が変わる筈だ。

 

 

「コミュニケーションと孤独」:理解無き共感が広がる中で、孤独は癒されるのか?

 東京写真美術館で「コミュニケーションと孤独」を観た。

 今年のテーマは「平成」です。

 メールやインターネットの普及、肖像権侵害や個人情報保護、コミュニケーション障害や孤独死など、おもに平成という現代に起き始めた現象により、他者とのコミュニケーションのはかり方、人やものとの距離の取り方は変化し、複雑化が進んでいます。何かと直接対峙することによってできあがるメディアである写真は、撮影者と被写体の二者間に何らかのコミュニケーション、関わりが必須となります。写真によって作品を制作する作家たちが、こうした状況のなかで、何を撮影し、表現しようとしているのか、そして、作家と被写体、そして鑑賞者との関係性にはどのような変化が起きているのでしょうか。

 本展では、当館の34,000点を超えるコレクションの中から、平成年代に制作された作品をご紹介しながら、時代とともに変化してきたコミュニケーションのありかたを考えます。

 

 この展示会を観ながら、「コミュニケーション」「孤独」「共感」「理解」「意見」などのキーワードが浮かんできた。

 「コミュニケーション」の目的は、相手を「理解」することであり「共感」することである。平成になって大きく変わったのは「共感」の在り方だ。

 かつては、相手の考え・意見を理解し、それに賛同することで「共感」していた。これが、相手の「意見」を「理解」するが、賛同しない。「理解」するが自分の「意見」はあなたのものとは異なる。そういったスタンスでの「共感」の仕方ができてきた。異なる「意見」を持ちながら相手の「意見」に面白さを感じるとき、「共感」すると呼ぶようになってきた。Facebook/TwitterなどSNSのいいねというやつだ。

 また、写真や動画を使った「コミュニケーション」においては、「理解」すら伴わない「共感」が行われている。綺麗な風景・インパクトのある被写体、そういった写真を観て、それらを拡散させる。そのとき「共感」したと呼ぶようになっている。そこに「理解」はなく「共感」だけがある。

 

 展示会のタイトルの「コミュニケーションと孤独」に戻ろう。

 「孤独」とは「コミュニケーション」できないとき感じる。相手から自分が承認されないときに「孤独」を感じる。「コミュニケーション」することで相手から自分が賛同されることで「孤独」を感じなくしていた。特に周囲の皆が「コミュニケーション」している中で自分だけが「コミュニケーション」できないとき、その「孤独」は深い。

 賛同無き「理解」が広がり、「理解」なき「共感」が行われる今、人は「孤独」をどう感じるのだろうか?「理解」なき「共感」があれば、人は「孤独」から逃れられるのであろうか?

 

 展示会を観て、こういったことをつらつらと思った。

「荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017」を観てきた

 東京写真美術館で「荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017」を観てきた。

 実のところ良さが良く分からなかったのだが、客は多く、その中でも外国人の客が多い。海外での荒木さんの名声がうかがえる。

 

 記憶に残るのは<食事>と題されたコーナだ。いわゆる料理フォトだけれど、一つ一つが汚らしく写されていてインパクトはある。それにこんな撮り方をする人は初めて見た、独創性もある。だけどこれらを好きにはならない。

大きな多摩動物公園でタスマニアデビルを見てきた

多摩動物公園に行ってきました。

今の見どころはサマーナイト:「デビルもめざめる夜の動物園」。

f:id:kota2009:20170713150741j:plain

多摩動物公園ホームページより(

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=tama&link_num=24264 )

 

実際に多摩動物公園に行って入場券を買うと、この通り、タスマニアデビルの写真。面白い、徹底している、楽しい。

f:id:kota2009:20170816091740j:plain

 

ここの動物は滅茶苦茶広かったです。上野動物園の4倍の広さです。真面目に全部見ようとするとクタクタになりそうです。実際のところ全ては回りませんでした。

 

入り口には大きな象の像があったりと、いろんなものが大きいです。

 

f:id:kota2009:20170813145927j:plain

 

まとめ

 日本でタスマニアデビルを見ることができるのは、多摩動物公園だけ。

 タスマニアデビルを見た後は、ここの大きさを感じた。

最近文系の先生方が元気だ

 AI(人工知能ブーム)である。

 Deep Neural Networkという技術がブームの発端であるのだが、ブームが大き過ぎるようで、最近文系の先生方が元気である。

 これまで文科省の方針が産業に役立つ、簡単に言えば儲かる、研究重視ということだったので、経済・法律・倫理・教育などの先生方は肩身が狭い思いしてきたことと思う。

 それが、AIブームの余波を受けて、文系の先生方が気勢を上げている。

 まずは経済。オックスフォード大学の先生がAIによって職業が奪われる(かも)っていうことを言うもんだから、日本の経済がAIによってどうなるのかなんて検討会があちこちで行われている。超スマート社会が引っ込んでSociety 5.0が出てきたり、ICTがAIに置き換わったりしている。

 そして教育。AIにはできない能力を育てる、を合言葉に検討会が行われ、結局「考える力」とかに落ち着くのかな。

 

 色々元気が出てきて良いと思うのだけど、変な煽り方をする人がいて困りもの。

 典型的には「AIの能力が人間の能力を追い越すシンギュラリティへの懸念」とか「人工知能による自動殺りく兵器の誕生」とかいう煽り。

 シンギュラリティとか言い出したカーツワイルっていうおっちゃんは、楽天的にスゲーことが起こるかも、ヤッターって能天気に言ったんだけど、これを聞いた心配性の人たちが「人類の懸念」とか言い出しちゃう。AIが進化して意識や感情を持つなんて、10万円をもとで株式投資で1億円儲けるくらいのトンデモ話なんだけどね。

 自動殺りく兵器の方はAIで作れちゃうけど、というかもう今の瞬間すでに存在する。そんなものは、作っちゃいけないよって 政治的にコンセンサスをとるしかないんだから、あんまり世間を煽らなくて良いと思う。

 

まとめ

 AIブームに乗っかって文系の先生方が元気だ。元気なのは良いことだ。

 なんだけど、「シンギュラリティ」、「人類の懸念」とか 世間を煽るのはなんだかなぁ。煽ってる人は一部の人なんだけど、まぁ ほどほどに。

 

ブルーボトルコーヒーは、酸味の強い、おもてなしの味

最近よく見かけるブルーボトルコーヒーに行ったら、酸っぱかった。

 

f:id:kota2009:20170812152554j:plain

 

 ブルーボトルコーヒーって最近都心でよく見かけますよね。六本木、新宿、青山あたりで見かける気がします。

 スターバックスタリーズにはもう行かないのかな?みんな。

 

 今日、万世橋で買い物をしていたら、ブルーボトルコーヒーを見つけました。時間もあったので飲んでみました。味は酸っぱいですね。スターバックスのラテをイメージして飲むとびっくりします。ああいう甘ったるい味ではなく、酸味の効いた爽やかな味でした。豆はエチオピア

 

 ブルーボトルコーヒーのお店は、ひどく硬派でした。メニューはコーヒーが2種類(3種類?)のみ。フードメニューなし。硬派です。コーヒーをオーダーすると、お店の方が一杯づつドリップで手で入れてくれます。コーヒーマシンを使わないんです。そのせいか、おもてなし感がありますね。

 

 ホームページを見ると、ブルーボトルという店名の由来が書かれています。古く1600年代ウィーンに遡ります。

ブルーボトルコーヒーはなぜ「ブルーボトル」なのか

伝説はこのようにして始まりました:1600年代後半。中央・東ヨーロッパの大部分を占領していたトルコ軍は1683年にウィーンに到着しました。

(中略)

彼は褒美としてもらったお金でそのコーヒー豆を買い取り、中央ヨーロッパで初のコーヒーハウス「The Blue Bottle」を開業し、解放されたウィーンにカフェ文化をもたらしたのです。 

bluebottlecoffee.jp

 

 

台湾への飛行機の中で、映画「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」を見た。

cheerdance-movie.jp

 

 広瀬すず演じる女子高生が、なんとなくチアダンス部に入部し、最初はいやいやだったが次第にチアダンスにのめり込んでいく。このあたりの流れは、妻夫木聡の「ウォータボーイズ」や上野樹里の「スウイングガール」と同じ、定番ストーリ。

 

 見どころは、主演の広瀬すずの可愛さ・元気よさはもちろんであるが、中条あやみの好演も良い。映画最後にちょっとした再会があるのも良い。

 「明るく、素直に、美しく」という掛け声が、一つのキーフレーズになっている。このフレーズが出るたびに、私はウルとなってしまっていた。

www.youtube.com

 

 広瀬すず中条あやみの好演に尽きる映画です。