kotaの雑記帳

日々気になったことの忘備録として記していきます。



”日本頑張れ”・”日本凄い”もいいけど、それだけじゃないオリンピックの楽しみ方

 週末は、ピョンチャンオリンピックをTVでダラダラ見ている。

 小平奈緒さん金メダルおめでとう、よかったね。羽生結弦君、凄かった、カッコよかった、勝つと言って勝ち切るなんてなかなかできないよね。宇野昌磨君、すごいよ。銀メダルだよ、銀メダル、凄いことだ。ジャンプの高梨沙羅選手、良かったね、苦しかったよね。

 日本人選手の活躍は嬉しいし、ワクワクする。テレビでも”日本頑張れ”・”日本凄い”を連呼している。それはそれでアリだと思うんだけど、やっぱりつまらないんだよね。”日本頑張れ”・”日本凄い”って、前回のソチオリンピックでも言ってたよね、その前のバンクーバーでも同じだ。こういういつでも使える報道ってつまらないんだ。

 ”日本頑張れ”・”日本凄い”って言葉は、日本人選手を”僕たち”という意味の記号にしてしまう。ほかの国の選手は”敵”・”ライバル”という記号だ。”僕たち”という記号になった日本人選手は、原大智伊藤有希も坂本花織の区別もなく”僕たち”という意味の記号になる。

 それって、もったいない。

 

 安藤美姫さんによるフィギュアスケートの解説は、一人ひとりの個性を伝えている。こういう解説があると、選手は記号化されず個々のアスリートとして識別される。

togetter.com

 

 世界には凄い選手がたくさんいる。そのスゴ技を見れるのが、オリンピックだ。選手を記号化して外国人選手のスゴ技を見逃すのはもったいない。見逃すどころか認識もしてないかもしれない。

 例えば、サッカーワールドカップだったら、ネイマール選手の凄いところをTVで丁寧に解説するよね。そういうのをオリンピックでもやって欲しい。

 例えば、’ロシアから出場できなかったけど)OARのメドベデワって、フィギュアスケートの選手として凄いよね。可愛いし。おまけにセーラームーン好きだし。そういうのを紹介して欲しいんだ。

 

www.youtube.com

ORIENTAL 倶楽部でガパオライス

 国際展示場近くのタイ料理屋ORIENTAL倶楽部(オリエンタルクラブ)でランチ。

 ガパオライスをオーダー。これにカップスープがついてきました。950円。

 

オリエンタルランド ガパオライス ランチ

オリエンタルクラブのガパオライス

 味がしっかりしていて美味しかった。ニンニクしっかりの味。ライスは日本米ではなくタイ米かな?長細いお米。ガパオライスには粘り気の少ない長粒米が合う。ご飯の上の目玉焼きは黄身が半熟で、スパイシーな肉を食べた口を休ませるのにピッタリ。

 

 ガパオライス以外によかったことが二つ。

 一つ目は、お手拭きがしっかりしていること。ウェットペーパのおしぼりなのですが、これがペラペラの紙でなくしっかり厚みのあるタイプで、使っていて気持ちいい。些細なことだけど、こういうところがしっかりしていると嬉しい。

 二つ目は、お茶が美味しいこと。お水の代わりにお茶が出るのですが、このお茶が美味しい。これも些細なことだけど、嬉しい。

「お金を払わない人はファンじゃない」と「ファンに感謝の気持ちを伝えたい」の間にあるもの

 ピョンチャンオリンピック高梨沙羅選手が銅メダルを取った。頑張ったね、すごいね。そして高梨沙羅選手の喜びのインタビューもいくつか目にした。その中で、応援してくれるファンの人のためにも、次はもっと頑張りたいと言っている。

「次の北京で今度こそ金メダルを取って、応援してくれる人たちに感謝の気持ちを伝えたい」と決意を述べた。

【平昌五輪】高梨「楽しめたのが収穫」 モーグル原は「興奮して一睡も…」一夜明け会見 - 産経ニュース

 

 このコメントを聞きながら、以前にネットで炎上した「お金を使わない人はファンじゃない」を思い出した。この記事に対して多くの意見がネット溢れ炎上した件だ。

lineblog.me

 

 この人のことを殆ど知らないのだが、重い白ことを言う人だと思っていたし、それに対するネットの意見も的外れに思えていた。どうしてしっくりこないのか分からなかった。それがオリンピックを見ながら分かった気がするので、言語化する。

 

ファンってなんだ?

 ”ファン”ってなんだ? 意外に答えづらい質問だ。

 オリンピックでメダルを取った選手に世間は注目する。これはファンだろうか?世間の一部はファンだと名乗るだろう。”にわかファン”である。

 また、不倫などなにかやらかした芸能人を追う芸能レポータを考えよう。レポータは、「心配しているファンのために何か一言を!」とマイクを向ける。このときの”ファン”とはあなたの不倫に興味のある人という意味だ。

 

 こうして考えると、誰かを純粋に応援するホワイトなファンと、注目人物に関心を向ける野次馬なブラックファンの二通りあることが分かる。

 

お金を払う人はファンか?

 ”ファン”という言葉の定義が難しいので、なるべくこの言葉を使わないことにする。

 「お金を払わない人はファンじゃない」とするなら、お金を払う人は何だ?それは”お客様””である。”ファン”という曖昧ワードの代わりに”お客様”を使うと、はあちゅうさんの主張は、かなり明確だ。お客様とそうでない人は彼女にとって別だと言っている。働いている者にとって、お客様とそうでないもの、カスタマとノンカスタマは別だという主張は極めて自然だ。

 世の中には2種類の人間がいる。お客様かそうでないものかだ。この単純な彼女の割り切りに清々しさすら感じる。しかし、これはホワイトファンすらも真っ二つにぶった切る乱暴な分割だ。この乱暴さが炎上を招いたように思う。

 

当たり前の主張をなぜしたのか?

 当たり前のことをわざわざ言う必要はない。それなのに何故言ったのか?

 ブラックなファンってめんどくさいんだろう、きっと。

 そもそも、好きという感情は、ファンと対象人物との一体化を招きやすい。一体化したファン心理において、少しのズレも許容されないものに映るだろう。さらに、ファンだから、つまり応援しているから、相手が自分を特別視して欲しいという甘えもありそうだ。そして、離れていくファンの一部は、「好きだったのに」、「昔は良かったのに」、「もう終わり」など捨て台詞を残していく。

news.livedoor.com

誕生日のフライトを記念すべきものにするため、元々「大好きだった」というANAを選んだという。投稿では「ANAの国際線ファーストクラスで誕生日とか最高!って予約を入れた時からワクワクしてました」とも書いていた。

(中略)

「プレゼントが欲しいとか全然思いません。(略)一言でいいんです。その一言でどれだけ素敵な記念に残るバースデイフライトになることでしょう!!!期待してた俺がバカでしたね。。。」

めんどくさいでしょう?こういうの。わざわざファンなのにって前置きをしてけなしてくるんだ。 

 

 ブラックファンによるこういっためんどくささが、ネットを通じて直撃してくるのは厳しいだろう。そのストレスで、言わなくてもいい主張をしたのだと推測している。

 

ファン不要のビジネスモデル

 芸能人は、それがホワイトであれブラックであれファンを大事にする。ファンがCDを買わなくても、コンサートに来なくても、彼らはカスタマーズカスタマーであるからだ。芸能人のお客様はCMなどを打つ企業だ。ファンは、企業のお客様だから、大切にすることに利がある。

 例えば、お寺の和尚さんは、檀家さんからのお布施で稼ぎを得ているので、キリスト教徒を大事にする必要はない。だから、キリスト教徒の誰かが和尚さんのファンなんですと言ってきても、面倒だと切って捨てても害はない。

 収入=ファンの数×支払い割合×平均支払額 である。KPIで考えれば、ファンの数を追わず、平均支払額を追う戦略があってもいい。いわゆるニッチ戦略だ。ネットによりリーチできる人数は莫大だから、ニッチ戦略でもビジネスモデルとして成り立つ可能性があろう。そして、はあちゅうさんがこれを採用している可能性もある。

 

まとめ

 オリンピックで高梨沙羅選手がファンに感謝するコメントを見て、「お金を払わない人はファンじゃない」というはあちゅうさんの主張を思い出した。

 カスタマとノンカスタマは違うのだというシンプルで自然な主張は、ホワイトファンをもぶった切り、炎上した。ホワイトファンをぶった切らざるを無いほど、ブラックファンは面倒なのだろう。

 ブラックファンに我慢しないためには、ファン不要のビジネスモデルをはあちゅうさんが目指しているのかなとも想像が広がる。

 

 

 

小説「空飛ぶ広報室」(有川浩):自衛隊員は人間である、当たり前のことが分かる本

 ドラマ「空飛ぶ広報室」をTVで見たのは随分前だ。綾野剛柴田恭兵が熱演で毎週楽しみに見ていていた。新垣結衣はヒロイン役だったけど、冒頭数回は”新垣結衣”を出し過ぎでドラマの中で浮いていた。演出が悪い。また、ムロツヨシは当時全然売れていなかったけど、いい演技をしていた。

 原作小説「空飛ぶ広報室」(有川浩)を読んだのは、それからずいぶん後になり、最近のこととなった。

 緩い感じのオムニバス形式で、6話からなる。

 第一話「勇猛果敢・支離滅裂」は、小説の登場人物や舞台の説明の役目も果たす力作。航空自衛隊ブルーインパルスに幼いころから憧れ戦闘機乗りを目指した空井大祐は、ブルーインパルスパイロットに合格したところで交通事故に遭い夢を絶たれ、空自の広報室に勤務していた。一方、TVの報道記者だった稲葉リカは左遷されTV番組ディレクタになっていた。この失意の二人が、ぶつかりながら前を向く過程を描いている。

 以降、第二話「はじめてのきかくしょ」では、稲葉リカが空自広報室に馴染む様子を描き、第三話「夏の日のフェスタ」では、空自広報室の空井の同僚である片山和宣と比嘉哲広の過去の仕事と夫々の拘りを描いている。第四話「要の人々」は、空自広報室の柚木典子と槙博己の恋愛を女を捨てたキャリアウーマン仕立てで描く。第五話「神風のち逆風」で、自衛隊の置かれている事情、世間は自衛隊を嫌っている、を見事に表している。最後第六話「空飛ぶ広報室」は集大成、空井が因縁のブルーインパルスを使った広報を担当、そして広報室長の鷺坂との別れも。

 

 自衛隊の広報活動を題材にした、これがこの小説の最大の特徴だ。殆どの日本人は自衛隊について知らない。まして自衛隊に広報室があると知っているものなど皆無だろう。これを題材に選ぶというのだから驚きだ。それを広報活動から自衛隊を切り取ることで、親しみやすい楽しい小説に仕上げている。

 

これって自衛隊の宣伝ドラマなの? 航空自衛隊広報室が舞台の青春ドラマだけど、全部がまるごと航空自衛隊の広報活動みたいだ。

(「<空飛ぶ広報室> 今が旬の綾野剛と新垣結衣で自衛隊宣伝ドラマ?透けて見えるアベノポリティックス怖い」【JCASTテレビウォッチ】) 

 

 ドラマ「空飛ぶ広報室」に対して上のような批判があった。自衛隊を好意的に表現するのは気に食わないのだ。

 作者の有川浩は、この反応を読んでいた。小説の中に、全く同じ話が載っている。

 第五話「神風のち逆風」はがそれだ。自衛隊自衛隊の若い女性隊員を使った広報映像を作った。彼女の入隊理由は、自衛隊員だった亡き父に憧れたというものだ。美談である。この美談に世間が理不尽な苦情を申し、自衛隊員はひどく傷つけられる。

 

 この小説で描かれていることは、(1)自衛隊という組織の不自由さ、(2)組織批判を個人批判に広げる愚かさ、の2点だ。

 

 自衛隊は不自由な組織だ。自衛隊の位置づけを巡って現在でも憲法改正の議論がなされている。自衛隊違憲か合憲か。その狭間で自衛隊への世間の視線は冷たく批判も大きい。

「戦闘機のパイロットだったころ、毎日訓練に励んでましたけど、磨いた技術を実践で使いたいと思ったことは一度もありません」

「でも、技術を磨いたら実際に実力を試したくなるものじゃないんですか」

懐疑的な声を投げたリカに、空井は驚いたように目を瞠った。「だって」と口ごもる声は心底戸惑っている。

自衛隊専守防衛が身上なんですよ。国外に攻め入ることはありませんから、もし僕が実践を体験するとしたら、日本で戦争が起っちゃってるんです。僕の大事な人が戦争に巻き込まれるんですよ。親兄弟や友達、もし結婚したら奥さんや子供も。イヤに決まってるじゃないですか、そんなの」

 

 厳しい訓練を毎日行っているが、日本に何も起こらないのが一番なのだ。自衛隊が大活躍する、そんなことはない方がいい。要するに組織ミッションが矛盾しているのだ。

 そのため、自衛隊は自分たちの良いところをPRできない。上のような批判があるためだ。不自由な組織だ。PRできない組織は、人々に知られることはない。無知は誤解を生み、一層批判を受ける。

 組織ミッションに矛盾を抱える組織は弱い。災害救助で自衛隊は大いに活躍しているが、それを自慢げにアピールできない。災害救助を専門にして武器を捨てろなど批判がくるからだ。

 

 批判する人は、ひどい一般化をする。 自衛隊違憲だ、自衛隊はけしからん、自衛隊に良いところはない、自衛隊員にろくな奴はいない、というように。別に自衛隊に限った話ではない、あの国はけしからんと言うときその国民すべて悪いような言いぶりをする、あの会社はけしからんと言うときその会社員すべてが悪いような言いぶりをする。よくある話だが。過度な一般化をするのは愚かだ。分っていてもやってしまう。

 

まとめ

 本書は、広報という切り口で自衛隊を面白おかしく描いている。そうして、自衛隊の不自由さと、組織を一般化して個人批判をする愚かしさを、浮き彫りにしている。

 TVドラマとは違って、空井大祐と稲葉リカの恋愛話は薄目で、結婚することも付き合うこともない。あくまで自衛隊の広報が話の中心である。

 

空飛ぶ広報室 (幻冬舎文庫)

空飛ぶ広報室 (幻冬舎文庫)

 
【Amazon.co.jp限定】空飛ぶ広報室 Blu-ray BOX(コースターセット付)

【Amazon.co.jp限定】空飛ぶ広報室 Blu-ray BOX(コースターセット付)

 

 

助けてください、「服育」が分かりません

  「服育」とは何でしょう?  

  アルマーニの制服(標準服)の是非で、公立の泰明小学校が「服育」のために必要と説明した。しかし、この「服育」が何を言っているのか分からない。モヤモヤします。

www.wwdjapan.com

 

  そこで「服育」とは何かを調べてみました。

服育(ふくいく)とは、主に衣服に関連する事項を通して、TPO・マナーなどの社会性、環境問題、健康・安全、国際性・文化等に対する理解を深めさせ、子どもの生きる力を育てようという取り組み。2004年に大阪の繊維専門商社チクマが提唱し、日本の教育関係者の一部に広がっている

 (https://ja.m.wikipedia.org/wiki/服育 より、ただし太字は私。)

 

ここで、

  • 繊維会社が提唱した
  • 教育関係者の一部に広がっている

という点が大切に思えます。

 

教育の場で何をするかというと

学校で取り組む服育

子ども達にとって初めての社会である学校という場は、服育を学ぶ上でも重要な場です。その日の授業内容や気候・気温に相応しい衣服について考えたりその衣服について友人とディスカッションする等々、仲間と共に過ごす学校という場だからこそ深める事のできる服育があります。特に皆で同じ衣服を着用する制服のある場合は、普段のカジュアル服とは違うフォーマルスタイルの衣服の役割や相応しい着こなしについて学ぶこともできます。

 

https://www.fukuiku.net/fukuiku.html)

つまり以下の二点を学ぶようです。

  • その日の授業内容や気候・気温に相応しい衣服について考えたりその衣服について友人とディスカッションする
  • 特に皆で同じ衣服を着用する制服のある場合は、普段のカジュアル服とは違うフォーマルスタイルの衣服の役割や相応しい着こなしについて学ぶ

 

前者について、「その日の授業内容に相応しい服装」って何でしょう? 国語だから算数だからと科目で服を変えることかな?それとも昨日の国語は読解だったけど、今日の国語は習字(書道)だから汚してもいい服を着ていくとかそんな話なのかな?

 

後者については、その学校に制服があろうが無かろうが、制服(フォーマルスタイル)の役割について考えることはできそうだけど。制服を着ていて生活するうちにフォーマルスタイルの役割に出会う瞬間があるということなのかな?

 

まとめ

  「服育」とは何か?分かりません。

   アルマーニ問題はおいといて、本来「服育」とは何かについて見識のある方、教えて頂けませんか?狙いと手法と事例があると分かりやすいです。

 

 

 

腕時計の電池交換をしたら、2万4千円かかった話

 腕時計の電池交換を頼んだら、2万4千円かかった話。

 

 いつも電池交換にいくスーパーの時計屋さん、今回は電池交換をその場でしてくれません。防水性能の高い腕時計は今年から店舗で電池交換できなくなり、メーカー送りになるので時間がかかるよと言われました。

 ま、急ぐわけでもないので、電池交換を頼むことにしました。その間は、代わりの腕時計を使います。

 

 2週間ほどして電話があり、油が切れていて分解掃除が必要だ、さらに裏ブタの腐食がひどく交換が必要だと言われました。費用は2万4千円(正確には23,760円)。うわ、高い。乗りかかった船なので、そのまま電池交換をしてもらいました。

 それから3週間後に無事電池交換された時計が戻ってきました。

 

 あー、高かった。

 

防水 腕時計 電池交換 作業明細 分解修理

作業明細

 

メニューが変わったプリマベラ、美味しかった

 ついつい通ってしまう浦和のイタリアンレストランのプリマベラに行きました。

 先月と比べてメニューが大きく変わっていて面白い。プリマベラのシェフ曰く、季節で旬の素材を使うのが一番美味い、決まったレシピは無くてその日の素材で毎日料理を決めている、そうです。素材の良さとシェフの腕に惚れている私は、旬の素材でメニューを組んでもらって望むところです。

 

f:id:kota2009:20180204182305j:image

 まずはシャンパンから。酒が美味いのもプリマベラの良いところ。甘いシャンパンを出す店が多い中、これは辛口のシャンパン。この後に出てくる牡蠣によく合う。

 

f:id:kota2009:20180204174150j:image

 前菜は、なんとシュークリーム?! 生ハムをクリームにして、これをシュー生地で挟んだもの。クリームがしっかり生ハムの味がします。ホールスタッフ曰く、ブロックの良い生ハムを使っていて、本来はそのままスライスすると良い酒のおつまみになるものを、変化球としてシュークリームにしたとのこと。シュー生地と生ハムの味がよく合う。

 

f:id:kota2009:20180204174838j:image

 つぎは牡蠣。生牡蠣に白バルサミコ酢の良いものをかけています。生牡蠣の塩気にバルサミコ酢ってよく合いますね。そしてシャンパンを合わせると最高です。牡蠣の上に細切りの人参が載っています。人参の味はほとんどせず、歯ごたえのアクセントとしていい仕事をしています。

 

f:id:kota2009:20180204175126j:image

 自家製のフォッカチャとグリッシーニ。奥に見えるオリーブオイルをつけて食べます。このフォッカチャも凄いですよ。

 

f:id:kota2009:20180204175529j:image

 2杯目は北イタリアのシャルドネ。写真でも分かるように色の黄色味が強い。ステンレス樽ではなく、木製の樽で熟成したのだと想像する。相変わらず凄いワインが出てくる。酒だけでもお店がやっていけるんじゃないかな。

 

f:id:kota2009:20180204175859j:image

 魚貝のパイの包み焼き。パイの下には玉ねぎのソースを薄くひいています。

 一般にパイの包み焼きは、中身の旨味がパイ生地に閉じ込められて美味しいのですが、それに加えて中身が蒸し焼きのようになって熱々です。中は、蟹、ホタテ、鮭、それから何だろう、、、とにかく美味い。

 

f:id:kota2009:20180204180316j:image

 サラダ。普通のサラダなんだけど、良い野菜を使っていて味が濃い。ドレッシングは良いバルサミコ酢を使っています。素材の良さって凄いな、うまみ調味料で味を調整せずこんなにしっかりした味を出すって、贅沢だなっと思います。

 

f:id:kota2009:20180204180644j:image

 文章で美味しさが伝えられない、蟹ミソとチリメンジャコのパスタ。

 この冬の時期の蟹は美味しいですよね。それをパスタソースにするんですから贅沢です。 しかもチリメンジャコがまた良いものを使っています。蟹ミソのコクとチリメンジャコの塩気が絶妙にあいます。よくこの組み合わせを思いついたものです。そしてシャルドネとの相性も素晴らしい。

 

f:id:kota2009:20180204181754j:image

 デザートです。いつものガトーショコラのかわりに柑橘系のタルトが出てきました。これがまた美味しい。

 

f:id:kota2009:20180204181938j:image

 もう一品。ピールとビスコッティとチョコレート。チョコレートは六角で風味をつけているとのこと。これがすごく美味しい。

 

まとめ

 プリマベラのメニューがガラっと変わっていた。

 えっ、 こんな組み合わせあり?! と思う料理が次々と出てくる。しかも一つ一つがしっかり美味しい。満足