kotaの雑記帳

日々気になったことの忘備録として記していきます。



自己肯定感の高め方

 自己肯定感が下がっている時期がある。こんな日は、自己肯定感について深く考えるチャンスだ。

 

 人は何のために生まれてくるのだろうか?ネットで検索すればすぐ分かる。様々な情報があり、統一した見解はないようだ。人が生まれてくる理由なんてどこにも無いということだ。ただ生まれた。それだけのことだ。

 生きていく価値とは何か?ネット検索すれば、これも統一した見解はない。生きているのに価値などない。そもそも“価値”という言葉は曖昧で不確かな概念だ。強いて言えば、誰かにとって役にたつときそれを“価値”と呼んでいる。だから絶対的な”価値“などなく、あなたにとって“価値”があったり、彼にとって“価値”がなかったりする相対的なものだ。自分にとっての自分の価値は存在せず、自分以外の誰かにとっての自分の価値だけが存在する。

 どうして、生まれた意味や生きている価値を問うてしまうかと言えば、自分が生きていて良い理由がわからないためだ。つまり自己肯定感が下がっているからだ。

 

 自己肯定力を強くするとか弱くするとか考える前に、自己肯定感が高くなる条件を考えるべきだ。自分はどんな条件が揃ったとき、自己肯定できるか?お金持ちになったとき?有名になったとき?誰かに褒められた時?どれも違う。たしかにお金を手に入れれば一時的に自己肯定感が高まる。しかし、その状況に慣れてしまえば、自己肯定感は下がる。仏教では自己肯定などできないと考えるらしい。全てが一時的なものでうつろう。つまり諸行無常

 

  厄介なのは、他人に承認されると少し嬉しいこと。つい他人に承認されたいと思い、相手の望む(と自分が思う)ことをやろうとしてしまう。しかし、他人をコントロールすることはできない。他人が承認するかどうかは、相手次第。相手次第のことで自己肯定するのは不安定だ。

 

  ここで発想を転換しよう。果たして、自己肯定できなければいけないのだろうか?生まれた意味も生きている価値もない人生を、ただそこに生きているという理由で生きている状態なのだ。その状態を肯定したり否定したり自由自在。大した根拠のない判断だ。ならば、自己肯定を求めることが間違っていないだろうか。なぜ自己肯定しなければいけないのか?

 哲学者のニーチェは、正義とは弱者の負け惜しみと主張した。弱者が負けたときに、自分たちは正義だからこれでいいんだと自分を慰めているということ。自分の価値や自己肯定も、正義と同じで根拠のないものかもしれない。 

 

 逆説的だが、自己肯定感が低くても構わないと割り切ったら、随分楽になった。

 心が苦しいとき、自己肯定感の低さのせいにしているが、実は今の自分に対する違和感(このままではいけない、本当はこうではない等々)が根っこにある。こんな違和感には真正面からぶつかってもどうにもならない。なんとかやり過ごす方向に気力を使おう。

 

参考文献

  この記事を書くにあたり、以下の本を熟読しました。

四つの約束

四つの約束

 

 

 

暴走自動車の事故は誰のせい?

 自動車のブレーキとアクセルを踏み間違えて車が暴走する。最近、こんな事故をよく目にします。マスコミ報道では、ドライバーは高齢であることが多く、老化の衰えによる事故だと思っていました。

 その認識を変える統計が出ました。これによると、若い者の方が多く事故っているようです。

headlines.yahoo.co.jp

 

 マスコミに報道されることの多い物事ほどよく起こると思い込むのは、認知のゆがみとして有名。”老人だからペダルを踏み間違える”とみんなが思い込むと、老人の踏み間違い事故の報道が多くなり(世の中にウケるから)、報道が増えると余計に”老人はペダルを踏み間違える”と世の中が思い込む。認識の強化ループがそこにあります。

 

 どの世代がペダルの踏み間違い事故を起こすのか知ることには目的が必要しょう。ネットでは、世代対立のネタにしている記事を散見しますが、世代対立には意味がない。踏み間違い事故を防ぐ対策が世代によって異なるのであれば、一番事故の多い世代に向けて対策を打ちましょうというストーリを意識しないと、せっかくの統計が役に立たない。

 

 若者の事故が多いとして、どう対策が打てるでしょうね?若者は運転技術が未熟だから事故るというのが一般的な見方です。だとすると、トレーニング機会を増やすしかなさそうです。

 

 技術によって解決するなら、自動運転が一番有望。ペダル踏み間違え機能を備えた車は多く売られています。しかし、すべての自動車がそのような機能を持ったものに入れ代わるのは10年程度の長期間が必要でしょうから、やはり若者向けにトレーニングするのでしょうね。

コンフィデンスマンJPであなたの発想の大きさが試される

  コンフィデンスマンJPを封切り日に見た。

 

confidenceman-movie.com

 

 敵役の三浦春馬が好演している。詐欺師役として、大げさな表情とジェスチャー、胡散臭いキャラクターを上手に演じている。

 

 見所の謎解きは伏せておく。

  コンフィデンスマンJPのお約束として、ダー子のチームの結束は信じて良い。ここを信じると大体の構図は見えてくる。でも、最後の謎解きで、詐欺の構図の大胆さに舌を巻く。映画を見始めて登場人物が出揃うと、大まかなストーリーは読めてくる。味方は誰で敵は誰かが分かれば、騙されるやつは明らかだ。あとはどう騙されるか詐欺のトリックが興味の中心。このトリックが予想を超えて大胆で驚く。あなたがどれだけ大きくモノを見ることができるか、その発想の大胆さが試される。

 

 ストーリー以外にも映画の中で演出にトリックが仕掛けられている。例えば、無駄に大物俳優が使われており、それを当てさせようとする演出がされている。例えば、小栗旬。見た目には絶対分からないメークで出てくるが、カメラワークに注意していると観客の注意を惹こうとしているのが分かる。

 

まとめ

 コンフィデンスマンJPは、とても良く出来た映画だ。細かなストーリではなく、詐欺のトリックの大胆さに注意を払ってみたい。

タイヤをGR-XIIに交換した

 車のタイヤを交換した。

 

 車で出かけている最中に鳥にフンを落とされた。なんだか見苦しくて嫌だったので、ガソリンスタンドに飛び込んで洗車してもらうことにした。このガソリンスタンドが、色々とサービスを付けようとするところで、機械洗車ではなくて手洗いにしないかとか、水洗いだけでなくてコーティングを付けないかとかいろいろ言ってくる。昔のマクドナルドみたいだ、ポテトはいかがですか?マックシェークはどうですか?って勧めてくる。色々な勧めを断ったのだけど、タイヤチェックをさせてくれというのは承諾した。チェックくらいならいいかという軽い気持ちだった。

 洗車を待っているとガソリンスタンドの兄ちゃんがやってきて車まで来て欲しいという。行くと、車からタイヤが外されている。チェックってこんなことするのか?ガソリンスタンドの兄ちゃん曰く、タイヤのサイドウォールとホイールのリムとの間からゆっくりエアが漏れているという。丁寧にもせっけん液を塗って、サイドウォールを掌で押してエアが漏れている様子を見せてくれた。ま、そのタイヤは9年履いているのでエアが漏れていても仕方がない。ガソリンスタンドの兄ちゃんは、是非タイヤ交換仕手行けと言う。どうも、点検詐欺(無料だからと点検をして、不具合があるからと言って修理を強要するやつ)っぽい感じもしたので、断った。タイヤを戻して車を走る状態にしてくれと。ガソリンスタンドの兄ちゃんの不満げな顔を無視して、タイヤ交換は不要だと言い張った。

 

 ガソリンスタンドでタイヤを車に付けさせて、そのまま最寄りのタイヤ館に直行。ちなみにタイヤ館に行くのは人生初。タイヤ館でタイヤの値段を聞くと、高い!。不思議なことに、グレードの一番高いタイヤと一番低いタイヤの価格差がほとんどない。その差5%程度。これは一番高いタイヤを付けろという価格戦略何だろう。仕方ないので一番高いタイヤをオーダー。ブリジストンのGR-XII。工賃込みで82,900円。不思議なことに空気圧を240kPaで調整された。車の標準空気圧よりも20%程高い。どうしてそんなに高くするのか分からないが、タイヤ館がそうしたいというならそれでも良い。

 

 交換したタイヤで走ってみると、走り心地が全然違う。タイヤの空気圧が高いので当然だけど、転がり摩擦が全然違う。加速して、アクセルを緩めたときの減速する感じが減った。また、ロードノイズも減って静か。こちらは空気圧ではなくタイヤ性能だと思っている。

 

まとめ

 思わぬタイミングでタイヤを交換した。下調べもせずタイヤ館に飛び込んで言われるがままの交換。値段の高い安いは良く分からないが、交換後の走り心地には満足している。

 

 

人生のコストパフォーマンスという神話

 コストパフォーマンスで人生を測る人がいる。

 マンションと持ち家はどちらが得か?車を持つのと持たないのはどちらが得か?結婚するのとしないのとどちらが得か?等々

 

 そうした風潮に、子育てという視点で一石を投じたのが下の記事。

p-shirokuma.hatenadiary.com

 

 コストパフォーマンスとは、米国的な合理主義が根っこにある考え方だ。合理主義の前提にあるのは、測れること、目的があることだ。

   コストパフォーマンス=得られる効用÷コスト

 

 コストパフォーマンスを追求することには、副作用もある。

 例えば、ターゲティング広告でコストパフォーマンスを追求すると、収入は下がっていくことが知られている。TVなどのマス広告は視聴者の好みを無視して広告を打つため、外れが多い。一方Web広告ではユーザの行動履歴を分析し、その好みにあった広告を打つ。後者の方がコストパフォーマンスは高い。

   コストパフォーマンス=購入数÷打った広告数

 

 ところが、広告をユーザーの好みに合わせて絞り込めば絞り込んでコストパフォーマンスを上げるほど、広告によるモノの売り上げは下がる。売り上げ低下を問題にして広告のコストパフォーマンスをあげようとすればするほど、売り上げが下がる。

  別の例として、会社の経営者がコストパフォーマンスとして営業利益率を指標とした場合を考えましょう。

     コストパフォーマンス=営業利益率=営業利益÷売上高

営業利益率を上げるための常套手段は、製品を絞り込むこと。製品Aの営業利益立が20%(営業利益2千万円、売上高1億円)で、製品Bの営業利益率が10%(営業利益1千万円、売上高1億円)だとすると、合計で営業利益率は15%。もし製品Bの事業をやめれば、営業利益率は20%に上がる。一方で、売上高は2億円から1億円に減少する。 

  つまりコストパフォーマンスを追求すると、規模が減る。 人生のコストパフォーマンスを追求したとき、何かを減らしている。趣味の幅広さだったり、友人の数だったり、恋人をみつける可能性だったり、人生の楽しみだったり何かを減らしている。これらは測定することが難しく、すぐ効果の実感できるものでもない。そのためコストパフォーマンスの公式の分子に表れにくいものが減らされがちだ。

 

   また、ビジネスの世界では、コストパフォーマンスを単純に追求したりしない。コストパフォーマンスはKPIの一つとして設定し、それ以外にいくつかのKPIも設定する。例えば、既存事業はコストパフォーマンスを追求するが、新規事業はコストパフォーマンスではなくユーザー数獲得を優先するといった具合に。具体例でいえば、サイバーエージェント社のAbemaTVは赤字事業だが、今はユーザーをKPIとして活動している。

   またビジネスの世界ではどんな会社にも通用するユニバーサルなKPIは存在しない。会社毎に目指したい姿は異なるし、会社が置かれている市場環境、会社の従業員の質などが異なるためだ。

    ビジネスよりも複雑な人生をコストパフォーマンスだけで議論するのは危険だ。複数のKPIを設定するのが必要だ。そして、KPIは人それぞれに違う筈だ。成功した有名人のKPIをマネしてもうまくいかない。それはビジネスの世界では常識だ。人それぞれ強み弱みが違い、目標も異なるからだ。

 

 人生のコストパフォーマンスの議論はシンプルであるため、それが正解であるように感じるだろう。しかしそれは間違いだ。

 コストパフォーマンスの追及には副作用があること。また、コストパフォーマンスという一つの指標で測れるほど現実は単純ではないこと。そして、人それぞれに目指す指標は異なるためだ。

 

まとめ

  コストパフォーマンスのロジックは、複雑な人生を極端に単純化する。単純化しすぎた議論は危うい。さらに、パフォーマンスの感じ方は極めて個人的で、他人と議論できるものでもない。そのため、コストパフォーマンスの良い悪いの議論は、独善的で思考停止なものになりがちだ。

  あなたはコストパフォーマンスを高めてどうなりたいのか?

 

ミドリのペンフォルダーは便利

ミドリのペンフォルダーを買いました。 

 

 あなたは、ノートはスマートフォン派?それとも紙の手帳派ですか?私は両方使っています。紙の手帳の良い所は、思いついたときにサッサっと書き留められること。今使っているのはミドリ MDノートダイアリー 手帳  新書サイズ。これを上着のポケットにいつも入れています。

 思いついたときに手帳を取り出しても、ペンが無いってことがあります。これが結構なストレス。ペンと手帳が一緒になっていたらと思い、ペンホルダーを買いました。

 ミニクリップ方式なのでどんな手帳にもつけることができます。このクリップが優れモノで、すっとつけることができますが引っ張って外そうとしてもしっかり付いていて外れません。ペンを入れる部分はスプリングになっていて優しくペンをホールドします。

 これを使い始めてから手帳とペンがいつもセットで、サッとメモを取ることができます。値段も400円ちょっとと安いので、紙の手帳をお使いの方は、試してみてはいかがでしょうか。

グランドニッコー東京台場のThe Bar & Loungeで贅沢な時間を過ごした

 グランドニッコー東京台場のThe Bar & Loungeで飲みました。

 

 お台場でゆっくり飲むところってあんまりない。観光地だから仕方ないのですが、居酒屋的なところでワイワイ飲むばかりでは単調です。たまには静かな場所でゆったりと飲みたい。

 

 The Bar & Loungeはグランドニッコー東京台場の最上階の30階にあります。エレベータで30階のフロアに降りると、そこはThe Bar & Loungeの店内です。他に施設が無く、Barとしてフロア全体が作りこまれていて雰囲気が良い。

 エレベータを降りると目の前にBarの店員がおり人数を告げるとすぐ席に案内してくれます。東京タワーと東京ベイブリッジの見える窓際の席に案内してもらいました。皮張りの良いソファーセットに座って夜景を眺めていると、気分がリラックスしてくる。他の客の席とは間隔が広く邪魔にならない。

 

 水割りシングルが二千円弱。こういうところは場所代として飲み物にお金を払う。2時間ほど居て6千円ほどでした。夜景も奇麗でソファーも良いものだったので、不満の無い価格です。

 

まとめ

 グランドニッコー東京台場の30階にあるThe Bar & Loungeで飲みました。東京タワーと東京ベイブリッジが見える夜景は贅沢。ソファーや空間も贅沢で、良い空間を作っています。