kotaの雑記帳

日々気になったことの忘備録として記していきます。



バラ

つるバラ ドンファンが咲く

つるバラ ドンファンは名花だ。 つるバラなのに四季咲き。春から秋までずっと咲いている。 そして強健。最強のバラ ニュードーンを親に持つだけあって、夏の暑さにも調子を落とすことなく、黒星病にかかることは殆ど無い(僕の所では)、うどん粉病は少し出…

4回目のバラ殺菌

黒星病・うどん粉病の予防のために殺菌剤を前回撒いたのは23日前の4月16日。 【3回目のバラ殺菌 - kotaの雑記帳 (hatenablog.com)】 今は花が咲き始めており、薬剤散布すると花にシミができて見栄えが悪くなるので、少しためらいがあります。しかし、少し病…

シェエラザードが咲き、みさきが咲く

昨日は大風でしたね。バラの枝が一本折れました。ま、バラは強いので枝が折れてもまっすぐにしてテープで補強すれば育ちます。 さて、どんどんバラが咲き始めています。今朝見に行ったら、シェエラザードとみさきが咲いていました。 シェエラザードはロサオ…

ホーラが元気、品種本来の大きさで育てたら

今春はホーラが元気です。シュートがバンバンあがり、花芽がドンドンついてきます。 葉を落とさないように剪定を浅め浅めにしたのが良かったのかなぁと思う。ロサオリエンティスのホームページによると150cm~200cmの樹高になる品種ですが、以前は高さ50cm程…

お金の話:バラの肥料コストを比較してみた

バラは肥料食いと言いますが、実際のところ肥料代はいくらかかっているのでしょうか?少し気になったので調べてみました。 まずは、私が使ったことのある肥料と有名なバイオゴールドの金額や施肥量をまとめます*1。一回の施肥量は8号鉢での量を記しています…

シャリファアスマが咲いた

シャリファアスマが咲きました。 シャリファアスマはデビッドオースチンのバラ、いわゆるイングリッシュローズです。古いバラで1989年に作出され、いまはもうカタログ落ちして買うことはできません。(種苗法のパテントの期間は30年だから、もう挿し木を配っ…

5月の肥料やり

5月の肥料やりを行いました。 バラには、ローズフード を、マーガレットなどのその他の植物には日清ガーデンメイト 醗酵油かすスーパーHGを使っています。 ローズフードの分量の目安が20g~40gとあるので、大きな鉢は30g施しています。鉢の大きさごとにまと…

バラ苗の生産現場、篠宮バラ園に行った

はじめに バラ苗は、育種家・生産者・販売者の3者が関わって私たちの所に届きます。育種家はバラの新品種を作出し、生産者は育種家から生産の許可を取得しバラ苗を生産する、ホームセンターなどの販売者は生産者から苗を仕入れて販売します。 この中で、生産…

春の開花前だけど、バラ シャリマーを鉢増し

鉢が小さくて根がパンパン、葉が黄変し落ちてきたシャリマーの鉢増しをしました。 【バラ シャリマーの葉の黄変、何が起こった?! - kotaの雑記帳 (hatenablog.com)】 春花の前に鉢増しをするのは、花数が減るというリスクはありますが、株にとっては成長真…

バラの後出し剪定

バラの剪定を行った。普通は花後に剪定を行のだが、枝が混みあっているので、貧弱な枝を切り取った。 今年は、冬剪定をごく浅くにとどめ、細くて貧弱な枝も残している。調子のよい株は、細い枝にもたくさんの葉をつける上に、新たな枝がたくさん伸びて混みあ…

バラ みさき、育てて11年で初めての株元シュートを出した

F&Gローズのみさきというバラを11年前の2012年から育てています。当時のブログを読むと随分と浮かれていたようで、少し恥ずかしい。 【薔薇みさきと薔薇あおい - kotaの雑記帳 (hatenablog.com)】 F&Gローズ みさき このみさきは、細い枝にも良く花をつけ毎…

テッポウムシが、バラの枝一つもっていった

テッポウムシにバラ シェエラザードがやられた。ひと枝もっていかれた。 テッポウムシが食い荒らした跡 2月上旬にシェラザードの株元に木くずが落ちていて、これはテッポウムシだなぁっと思い、殺虫剤を注入していたのだが、駆除できていなかったようだ。 4…

バラの薬剤散布用の噴霧器、二代目は迷った末に、工進(KOSHIN)の HS-401ETに決めた

薬剤散布用の噴霧器を新しくしました。 選んだのは安心のブランド 工進(KOSHIN)さんの噴霧器。 工進(KOSHIN) 蓄圧式 噴霧器 タンク 4L ミスターオート HS-401ET 1段 ノズル 継足しパイプ 噴口 1個 防除 消毒 散布 工進(KOSHIN) Amazon これまでは、ホームセ…

3回目のバラ殺菌

黒星病・うどん粉病の予防のために殺菌剤を前回撒いたのは27日前の3月20日。 【2回目のバラ殺菌 - kotaの雑記帳 (hatenablog.com)】 最近、雨が多くなってきたので、3回目の殺菌剤散布をすることにしました。病気が出てから薬剤散布をすると量も回数も増え…

バラ シャリマーの葉の黄変、何が起こった?!

昨年12月に手に入れたシャリマーの葉が黄色くなってきました。割りと多くの枚数の葉が。 今年は変な育て方(冬選定はごく浅くにとどめる、冬に自然落葉しない葉はすべて残す)をしており、原因の特定が難しい。 左:黄色くなった葉、右:黄変が進んで枯れ落ち…

バラを咲かせる準備を始めよう

今年は教科書に載っている育て方を無視して、バラを育てています。どうも情報が古くて今どきの品種には当てはまらないものが多い気がするため、また効果の大きい小さいが混在して教科書に載っていて無視しても良い事も多いのではと疑っているためです。 さて…

つるバラ ドンファンの魅力

つるバラ ドンファンという赤バラを10年以上育てています。 ドンファンはとても優秀なバラです。作出されたのが1958年と65年前と古く、それなのに今も販売されているという事実が優秀さを示しています。いわば、時代を超えて残った名曲のようなものです。 つ…

植物に殺虫剤を撒いた

桜も散り、虫たちも活発に動くようになってきました。そこで、鉢植えの植物に殺虫剤(粒剤)を撒きました。使用したのは、 バラには、ベニカXガード粒剤 その他(マーガレット、ベチュニアなど)には、オルトランDX粒剤 なぜ粒剤を使うのか? 噴霧タイプではな…

葉脈が浮くクロロシスが出た

葉脈が見えてきた。これはきっと、マグネシウムと鉄が不足しているサイン。 葉脈が浮いてきた、マグネシウムと鉄不足のサイン 地植えしていたバラ ジュビリーセレブレーションの育ちが悪く、昨冬に掘り上げて鉢に植えて様子をみている。その株の葉の葉脈が見…

シャーロットオースチンが伸びすぎて困る

シャーロットオースチンが良く伸びる。困るくらいに。 今年はいつもと育て方を変えて、株を大きくするようにしています。私のところのシャーロットオースチンは、カタログ値よりも株が小ぶりなため、育て方が悪いのではと疑念を持ったためです。 【ルールを…

2回目のバラ殺菌

気温が20度を超えるようになり、バラの黒点病・うどん粉病のリスクが上がっています。さらに今週は雨の日が続くようなので、今日のうちにバラに殺菌剤散布をしました。 使った薬品は サンボルドー(予防剤) サルバトーレME(治療剤) ダイン(展着剤) 今年…

あおいの葉はきいろ

もう廃番となったバラ「あおい」が大好きです。再購入できないので大事に育てています。 このあおいですが、春の若葉は滅茶苦茶黄色いです。まだ葉緑素が出来上がっていないため、黄色のようです。しばらくすると緑色になっていきます。黄色い葉は、株の不調…

うどん粉病を深掘りした

バラを育てる際に良くかかる病気が二つ、うどん粉病と黒星病があります。そのうどん粉病は、白い粉が葉や花の蕾につく病気で、葉や花がいじけたように小さく変形します。 うどん粉病はバラを致命的に弱らせるものではありませんが、症状が出るとやはり気にな…

黒星病を深掘りした

バラを育てる上で、最も注意の必要な病気は黒星病(黒点病)です。病気の拡散速度が速く、多くの葉が落ちることから、株の勢いを強烈に削ぎます。 黒星病を発病すると、薬剤を散布しても、治ることはなく進行を止めるだけなので、発病しないよう予防が大切です…

今年のバラは早い

ここ一週間、20度越えの日が続きました。おかげで、バラも一斉に芽吹きシュートも伸びてきました。 この冬は、定番のルールを破って 冬剪定は、ものすごく浅く切る バラの葉は手でむしらず、残す そのせいなのか、バラの育ちが早い。 みさきという名のバラ…

外芽で切るのは大事なのか?どこで切っても同じこと

今年はルールを破ってバラを育てています。 本やネットの情報によくあるのが、「バラの冬剪定は外芽で切る」。内芽で切ると、株の内側に枝が伸びて混み合い風通しが悪くなるから、と言われます。でも、今年は完全無視で冬選定しました。 さて、下は今の枝の…

バラの殺虫剤、お手軽なスプレー剤はローテーション散布しづらい

バラを育てています。バラは、ほぼ確実に虫と病気の被害を受けるため、殺虫剤と殺菌剤の散布が必要で、これをお手軽に行うにはハンドスプレーが適しています。 (ぱくたそ(www.pakutaso.com)) 同じ殺虫剤を何度も繰り返し使用すると、虫がその薬剤に耐性を…

腐植酸はじめました

今年からバラに腐植酸を与えることにしました。 はじめに バラ苗専門店「バラの家」から「根を育てる肥料」というものが売られています。レビューを見ると”シュートがバンバン"出ると書かれています。また別のレビューに、これは腐植酸ではないかという憶測…

新製品ベニカナチュラルスプレーはベニカXネクストスプレーの良い相棒

今年(2023年)住友化学園芸から新製品 ベニカナチュラルスプレーを買いました。ベニカXネクストスプレーを愛用しているのですが、その良い相棒になるかもしれないと思うためです。 住友化学園芸 殺虫殺菌剤 ベニカナチュラルスプレー 1000ml 天然成分 虫 病…

記録で振り返るバラの水やり(冬編):葉の無いバラは乾かない

バラの水をやりは難しい。枯らす原因の第一位は水のやり過ぎです。そこで、今年は土壌水分計を使って水やりタイミングを決めています。また、バラ鉢の重さを測って、水がどの程度なくなるのかもみています。今回はその結果を記します。 裸苗レディエマハミル…